« オランダは断念 | トップページ | カナダからのメール »

2006年5月22日 (月)

キャッシュからのメール

05_512_1 前回のトライアウトから帰国して以来、ぼくは、アメリカとオランダのチームに契約交渉してきました。ところが、両方とも決まりかけていたのに、監督の交代やチームの方針転換などで、交渉が決裂してしまいました。ということで、ここにきて突然プレーできるチームがなくなりました‥

だから、急遽、『American Associasion』のトライアウトでぼくを気に入ってくれたペンサコラ・ペリカンズの監督『キャッシュ・ビーチャム』に、給料はいらないからあなたのチームでプレーさせてほしいという内容のメールを送りました。なぜ給料はいらないかというと、アメリカで給料をもらってプロ野球選手としてプレーするには『H-2B』という短期季節労働者のためのビザを取得しなければなりません。 しかし、このビザは、9.11のアメリカ同時多発テロ以降、発行枚数が極端に少なく制限され、また、手数料が20万円前後かかることから、独立リーグのチームは外国人との契約を嫌い、そのためビザを取得することは非常に困難なのです。たしかに、ぼくと同じレベルの選手が2人いたら、飛行機代やビザ代がかからないアメリカ人選手を選びますよね!ということで、外国人選手がアメリカでプレーするには『金がかかってもコイツがほしい!!』と監督やゼネラル・マネージャー(GM)に思わせるようなプレーをしなければなりません。

実際、キャッシュさんは、独立リーグの世界では有名な監督なので、メールが返ってくることは期待していませんでした。トライアウトの時も、電話番号を教えてくれと言ったら、メールアドレスだけでごまかされました。そのため、どうしてもアメリカで野球がやりたいことを切実に語ったら、見事翌日に返信が来ました!しかも電話番号つきで!!その内容は、監督が代わってしまった、United Leagueに所属する『アレキサンドリア』のGMにもう1度コンタクトをとってくれるというものでした。これを機会に、つぎこそはこのビッグチャンスをものにしなければ、ぼくは大学4年生に逆戻りです。

ー今日の写真は、高校3年生のピッチングー

|

« オランダは断念 | トップページ | カナダからのメール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャッシュからのメール:

« オランダは断念 | トップページ | カナダからのメール »