« トライアウトは延期 | トップページ | 今日はお休み »

2006年6月19日 (月)

トライアウトの結果は!?

Cimg7981_512 昨日まで3日間チームに同行させてもらいましたが、最終的には契約することができませんでした。ピッチングコーチのウェスから良い評価とこれからの課題を与えられていただけにとても残念ですが、飛び込みのトライアウトながらバイパーズの選手と練習し、コミュニケーションをとれたことは、今後につながる貴重な経験だったと思います。

ところで、技術的には他の選手に負けていない評価を受け、ウェスからは『練習生』としての参加を認められながら、球団社長のピーターとの契約にいたらなかったのはなぜかという裏話をお話します。やはり契約というのは難しいもので、ピッチングの良し悪しだけでできるものではありません。以前から書いているとおり、アメリカのチームとの契約では『就労ビザ』の問題でなかなか契約することができませんでした。しかし、それにくらべるとカナダのチームは、はるかにビザの取得が簡単で、ピーターもその点については認めていました。では、今回の原因はというと、それは『信用』問題です。バイパーズが所属する『ノーザンリーグ』には、「Year of Service」という規定があり、各選手のプロ経験年数によってルーキーからベテランまで7つの格付けをすることが義務付けられています。実は、今回のチームには2人の日本人プレーヤーが所属しており、その中の1人がその規定に違反し、うその格付けを報告していたのです。だから、もしぼくがすぐにチームと契約したいのなら、書面で自分が『ルーキー』であることを証明しなければ信用しないと言い出したのです。これが、選手の故意かエージェントのミスかはわかりませんが、彼は、日本人に対して完全に不信感をもっています!たしかに、この規定によって、契約できる選手の数や給料の額に差が出るため、正しく深刻しなければなりませんが、今すぐぼくの球歴を書面で証明するとなると、高校・大学の活動歴を取り寄せ、去年サムライ・ベアーズが所属した『ゴールデンリーグ』に成績の証明を発行してもらわなければなりません。したがって、すぐにはそれをするのは不可能ですから、今回の契約はできないというわけです。

もちろん、ぼくのピッチングには克服しなければならない課題がありますが、アメリカ・カナダを通じて、いくらトライアウトで良いピッチングをしても、それ以外のことで契約を拒否されてしまうのでは、正直今後の期待が持てなくなってしまいます‥でも、ぼくにはメジャーリーグという大きな目標がありますから、何とかがんばって行こうと仕切りなおしているところです。期待していてください!

ー今日の写真は、滞在中のモーテルー

|

« トライアウトは延期 | トップページ | 今日はお休み »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トライアウトの結果は!?:

« トライアウトは延期 | トップページ | 今日はお休み »