« 1ヶ月ぶりの電話 | トップページ | 買い物上手 »

2006年7月 9日 (日)

ワールドカップ決勝

Cimg8150_512 今日は、日曜日ということもあって「トロント」とのデイゲームが行われました。みなさんもトロントという街の名前は聞いたことがあるでしょう?キッチナーとは比べものにならないくらい大きな街です。しかし、球場に着いてみると、今まで遠征した中で一番たいしたことのない草野球場みたいなところでガッカリ‥。もちろん観客も少ないし、丘の下にある球場なので、みんな上から無料で見れてしまいます。こうなると、選手もなかなか気合が入らないもので、なんとなくいつもにくらべるとダラダラした印象で、パンサーズの選手もあまり集まりませんでした。やはり、大都会にはメジャーリーグチームがありますから、小さな球団だとあまり地元の人には愛されないのでしょうか。と言いながら、試合は打線が沈黙し、なんとか2対1で接戦をものにしたという結果です。

ところで、試合後帰宅しようと車に向かう途中、花火や車のクラクション、笛の音などが突然鳴り響き、なんだかお祭り騒ぎのような雰囲気になっているのが分かりました。何かやっているのかなと思ってチームメイトに聞いてみると、「ワールドカップの決勝が終わったんだろ!?」と言うのです。ぼくはすっかり忘れていましたが、今日は特別な日なんですねぇ~。彼いわく、トロントには大きな「イタリー・タウン」があり、おそらくイタリアが勝ったから騒いでいるんだろと言うのです。帰りにその地区を通ったのですが、国旗を振りながらクラクションを鳴らし運転する車や笛を鳴らしながら街を行進する団体など異様な雰囲気に包まれていて、「フランス万歳!」なんて叫ぼうものなら殺されそうな状態です。しかし、運転手の『ベニ―』や今日完投勝利をあげた『ヒーグス』は、興奮しながら「レッツゴー・フランス!」と連発し、道に飛び出してくるイタリア人に車を接近させて挑発していました。よくこのような光景を日本のテレビで見ますが、実際その場にいるとなんだか気が引けてしまうぐらいすさまじい熱気で、正直びっくりしてしまいました。みなさんはワールドカップ見ましたか?日本はどんな雰囲気でした??

ー写真は、真ん中の赤いTシャツがベニーー

|

« 1ヶ月ぶりの電話 | トップページ | 買い物上手 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップ決勝:

« 1ヶ月ぶりの電話 | トップページ | 買い物上手 »