« 契約書にサイン | トップページ | IBLオールスター »

2006年7月 3日 (月)

大自然

0703_512 今日もいつもどおり昼過ぎに起床し、午後からトレーニングがてら近くの公園まで散歩することにしました。近くといっても徒歩で45分ぐらいかかり、アップダウンを繰り返すハードな道のりです。その公園は、「ウォータールー大学」が開放する公園で、きれいな芝生はもちろん川や池なども自然のまま流れており、アヒルやリスなどがそこら周を飛びまわっていて日本だったら国立公園ぐらいになりそうなほど自然あふれる公園です。ぼくは、比較的都会で育った方なので、今までこのような自然に接する機会が少なくアメリカやカナダに来るとあらためて自然の美しさや大切さを感じますが、彼らからしてみたらごくあたりまえのことなんでしょうね。ということで、たっぷりおいしい空気を吸いながらランニングとストレッチをして、また遠い道のりを歩いて帰りました。これだから、帰国後の成田空港から海老名に帰るバスの中で「なんて狭っ苦しい国なんだろうなぁ‥」とガッカリしてしまうんでしょうけど、外国へ来ると日本の良さもたくさん見えてくるんですよ!みなさんも積極的に海外へ行って、違う文化に触れてみてはいかがですか!?

|

« 契約書にサイン | トップページ | IBLオールスター »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。