« 8日に帰国 | トップページ | 空のたび »

2006年8月 6日 (日)

打ち上げパーティー

Cimg8226_512 今日は、パンサーズのメンバー全員で打ち上げパーティーが行われました。場所は、もちろんファット・キャッツです。ぼくは、このパーティーの後トロント空港の近くにある『ミシソーガ』に住むハープの家に泊まることになっていたので、出発前に荷造りをすべて済ませ荷物を全部持ってからの出発となりました。2ヶ月とは言え、洋服や雑貨お土産などで荷物が増えたため、新しいバッグを買って全部で4つの大きな荷物となりました。

パーティーは、いつも来ないメンバーや選手のガールフレンドなども集まりとても盛大なものとなりました。そして、ビールやチキンをつまみながらダーツやビリヤードでみんな楽しんでいました。ぼくは、日本でビリヤードをやった経験が一度もなかったのですが、先日からビリヤードの得意なチーズがやり方とルールを教えてくれていたので、今日はベイクスの彼女と勝負してみました。でも、負けました。二人とも最後のボールを落とすところまで行ったのですが、最後は彼女のミラクルショットでゲームオーバー。最後は「グッド・ゲーム!」とお互いの健闘を称えて握手をします。しかし、ここで迎えのハープが登場しトロントへ向けて出発の時間となりました。ひとりひとりに別れの挨拶をし、しっかりと握手をして2ヶ月のキッチナー生活に別れを告げます。

でも、まだ終わりません。今度は、ハープの友達と待ち合わせをして大都会トロントのクラブへ向かいます。キッチナーやウォータールーのクラブには何回も行っていましたが、トロントはくらべ物にならないぐらい大きいしとても活気があります。そして、ハープの友達2人とイングランドから旅行に来ていたもう一人の友達5人でお勧めのクラブへ入ります。ぼくは日本のクラブに行ったことはありませんが、こちらは女の子のパワーが凄まじいです。ダンスも会話も圧倒的に女性リードで男性人は負けていました。そして、3時間ぐらい経ったところでみんな疲れ始めぼくのフライト時間も近づいてきたので、ここでクラブを出てハープお勧めのジャマイカ料理で腹ごしらいしお別れとなりました。

そして、朝6時半のフライトのため2時間前の4時半にハープが空港に送ってくれ、ぼくはカナダをあとにしました。最初は、新しい生活に慣れるまで苦労しましたが、終わってみればあっという間の2ヶ月でした。でも、本当にたくさんのすばらしい友達ができみんなやさしくサポートしてくれたので、とても寂しいです。でも、みんな日本に行くからと約束してくれたので、今度はぼくがサポートしたいと思います。みなさんご協力お願いしますね!

|

« 8日に帰国 | トップページ | 空のたび »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。