« 朗報 | トップページ | 教授会 »

2006年9月17日 (日)

返信メール

Cimg8212_512 先日、サウスコースト・リーグの件でキャッシュに問い合わせしたメールの返信がありましたのでご紹介致します。まず、彼はアリゾナ州とフロリダ州で来年3月に行われる2つのトライアウトキャンプを紹介してくれ、もう一度ぼくのピッチングを見せて欲しいと言ってきました。キャンプ形式のトライアウトとは、通常のチームが1~2日で行うものとは違い1~2週間かけてプロのスカウトや監督と練習や試合を行い、その中で選手の能力を見極めようというものです。これは、すべてが一発勝負のチームトライアウトとは違いブルペンピッチングや登板の機会が多く与えられるのでしっかりと自分の実力を見てもらうことができます。しかし、有料なんです!しかも参加費だけで30万ぐらいします。なので、貧乏学生のぼくにはまったく手が届かず、残念ながら不参加となりました。しかし、ここからが敏腕エージェント「ヨシ」の腕の見せどころです。彼は、キャンプに参加できない代わりに個人的なトライアウトをやってほしいと頼んでみようというのです。もし、ぼくがチームと契約できた場合次に問題となるのがビザです。キャッシュも今回のメールでビザが必要かどうか聞いてきました。そこで、この時期に個人的に見てもらい合格だったらすぐにビザの申請をしてもらおうというのです。ビザの申請には十数万かかりますが、最悪自分で出してでも今回の独立リーグには価値がありそうです。今後、どういう展開になるかはわかりませんが、いつでもトライアウトに行けるようとりあえず咳を治さなければなりません。

|

« 朗報 | トップページ | 教授会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。