« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月27日 (水)

緊急募集!

このブログを見てくれているみなさんの中で、弁護士の方、弁護士の知り合いがいる方、またはビザについて詳しい方などアメリカの就労ビザ取得にアドバイスをくれる知り合いがいましたら至急連絡していただけませんか?

現在、ぼくは早くも来年のチーム探しに思考錯誤しています。そんな中で、来年立ち上がるサウスコースト・リーグとキャッシュ・ビーチャムについては以前お話したとおりですが、彼はぼくのリーグ参加にとても積極的な考えを示してくれています。今回新たなメールには、『ビザが自分で取得できるにせよ、ビザなしのアマチュアプレーヤーで参加するにせよ、私は全力で君のリーグ参加をサポートする。』という内容のメールをもらいました。メジャーの舞台でも独立リーグの世界でも実績のある彼がぼくのために力を注いでくれるということで、ぼくもそれ以上の努力と結果を残さないといけないなと感じています。

もちろん、ぼくもインターネットを使ったり大学のアメリカ法の教授にコンタクトをとったりして情報収集していますが、高いお金を払って弁護士に相談したりビザ専門の会社に問い合わせをしたりすることはできません。なので、どんな小さな情報でもかまいませんので、みなさんの力をかしてください!

| | コメント (0)

2006年9月22日 (金)

教授会

Cimg4499_512 今日、青山学院の学籍担当から手紙が届き2006年10月1日付で復学願いが承認されました。これは、今月20日に開催された教授会によって決められたもので、これで後期から授業に参加することができるようになります。ぼくは現在4年生ですが、前期を休学していたため少なくともあと1年は大学に在籍しなければなりません。今思えば、2年の冬からアメリカの野球に挑戦し「文武両道」を目指してがんばってきましたが、活躍すればするほど卒業が遅れてしまうという現実があります。アメリカの独立リーグは大抵が5月から9月の間でシーズンを行いますから、ぼくみたいな学生プレーヤーはどうしても前期を休学しなければならないのです。でも、ぼくは一生野球が続けられるわけではありませんし、大学で様々な知識を学ぶことはとても大切なことだと思っています。幸い、法律学はとても興味深く楽しんで勉強できているので、これからも野球をしながら大学を卒業しようと思っています。ところで、教科書は何を買えばいいんでしょうか?

ー今日の写真は、青山キャンパスの正門前ー

| | コメント (0)

2006年9月17日 (日)

返信メール

Cimg8212_512 先日、サウスコースト・リーグの件でキャッシュに問い合わせしたメールの返信がありましたのでご紹介致します。まず、彼はアリゾナ州とフロリダ州で来年3月に行われる2つのトライアウトキャンプを紹介してくれ、もう一度ぼくのピッチングを見せて欲しいと言ってきました。キャンプ形式のトライアウトとは、通常のチームが1~2日で行うものとは違い1~2週間かけてプロのスカウトや監督と練習や試合を行い、その中で選手の能力を見極めようというものです。これは、すべてが一発勝負のチームトライアウトとは違いブルペンピッチングや登板の機会が多く与えられるのでしっかりと自分の実力を見てもらうことができます。しかし、有料なんです!しかも参加費だけで30万ぐらいします。なので、貧乏学生のぼくにはまったく手が届かず、残念ながら不参加となりました。しかし、ここからが敏腕エージェント「ヨシ」の腕の見せどころです。彼は、キャンプに参加できない代わりに個人的なトライアウトをやってほしいと頼んでみようというのです。もし、ぼくがチームと契約できた場合次に問題となるのがビザです。キャッシュも今回のメールでビザが必要かどうか聞いてきました。そこで、この時期に個人的に見てもらい合格だったらすぐにビザの申請をしてもらおうというのです。ビザの申請には十数万かかりますが、最悪自分で出してでも今回の独立リーグには価値がありそうです。今後、どういう展開になるかはわかりませんが、いつでもトライアウトに行けるようとりあえず咳を治さなければなりません。

| | コメント (0)

2006年9月 9日 (土)

朗報

63jpeg3001  来年のチーム探しに向けて新たな情報が入ってきました。2007年にアメリカ東海岸のジョージア州とフロリダ州をまたいで『サウスコースト・リーグ』という独立リーグが立ち上がることになったそうです。そして、先日そのリーグの副社長に「キャッシュ・ビーチャム」が就任することになりました。キャッシュについては今までも何度か紹介してきましたが、あらためてぼくが彼と知り合った敬意を紹介したいと思います。彼は、1982年(ちょうどぼくが生まれた年)にカナダのトロント・ブルージェイズ(キッチナーのすぐ近く)からドラフト指名され13年間メジャーやマイナーリーグでプレーしてきました。そして、打率.285、464打点、通算1000安打以上というすばらしい成績を残し引退、現在は各地の独立リーグで監督を務めその世界では言わずと知れた名監督として活躍しています。そんな彼が今年監督を務めた「ペンサコラ・ペリカンズ」のリーグトライアウトで声をかけたのがこのぼくだったんです!今年4月にテキサス州フォートワースで行われたこのトライアウトで、ぼくは3アウトを全部三振で仕留めるという出来すぎた成績を残しキャッシュからチームへのスカウトを受けました。しかし、ビザの関係で入団は実現しませんでしたが、その場でメールアドレスを交換しちょくちょくメールをする関係になったのです。ちなみに、彼はぼくが退団した後にサムライ・ベアーズのコーチに就任したという経緯もあり、なんだか運命的なものを感じる人ですね!

 そんな彼が独立リーグの副社長に就任したということは、ぼくにとって願ってもいないチャンスです。独立リーグは、もちろんトライアウトで良い選手を発掘することもありますが、大抵はGMや監督同士の推薦で選手を集めるということがほとんどなんです。だから、自分の実力を認めてもらったうえで、そういったスタッフとつながりがあることはとても有利な条件となります。もちろん、新興独立リーグには金銭面での課題が多く現実に立ち上がるかどうかの保障はありませんし、ぼくにはビザや外国人枠の問題など多くの困難があります。そして、まだこのリーグの詳細も決まっていないのでどうなるかわかりませんが、詳しい情報が入り次第またお知らせしたいと思います。

South Coast League

Web Site:http://www.southcoastleague.com/

| | コメント (0)

2006年9月 7日 (木)

みなさんに感謝

75_512 今日は、とても嬉しいことがありました。それは、ぼくが書いているこのブログがいろんな人に読まれているんだなぁ‥と実感できたことです。こうやっていつも記事を書いてるけど、誰がどこで読んでいるかなんてまったくわかりません。だから、誰も読んでいないんじゃないかとかぼくの気持ちがちゃんと伝わってるかなと不安になることもあるんです。でも、「ブログ見たよ。」とか「こないだの記事良かったね。」と言ってもらえるととても嬉しいし書いてて良かったなと思うんです。今日なんか、ぼくが書いた記事がぼくの知らないところで話題になってちょっとした議論になっちゃったんですよ!これはもういい加減な気持ちでは書けないなと気合が入りました。日本に帰ってきてからはありふれた日常でなかなか新鮮な体験はできませんが、それでも何かみなさんに伝えたいことがあればどんどん書いていこうと思いますので、これからもぼくとこのブログをよろしくお願いします!!

ー今日の写真は、ぼくが初めてカナダに行ったときの1枚ー

| | コメント (0)

2006年9月 2日 (土)

初心に帰る

70_512 今日は、ひさびさ小学生の試合を見に行きました。小学生といっても4年生以下の低学年チームです。まだ、野球を始めたばかりでバットにボールが当たらなかったりフライが取れなかったりするけど、それでもみんな一生懸命全力でプレーする姿はとても新鮮なものでした。ぼくたちのように長く野球を続けていると、どうしてもこのような気持ちを忘れてしまいます。これは、野球に限らず勉強や仕事においても言えることだと思います。だから、今日は思いがけずちびっ子の試合を見ることになったのですが、自分自身が初心に帰る良い機会になりました。                                            それにしても、日本の野球のレベルは上がっていますね。ぼくの時代は、低学年で試合をするなんてありえなかったし絶対試合にならなかったと思います。しかも、対戦した相手チームの関係者にしっかり挨拶していたし、アンパイアにボールを渡すときもちゃんと帽子をとっていました。昔は、このようなことを少年野球で学ぶことはできなかったし、必要とされなかった。でも、今はメジャーリーグで多くの日本人が活躍しワールド・ベースボール・クラシックでも世界一に輝いている。アメリカやカナダでも日本の野球はとても尊敬されているし目標とされている。だから、彼らには野球に限らずこういう些細なことでもしっかりできる選手になってほしいなと思いました。                                今日の試合は、あいにく9対10でサヨナラ負けしてしまいましたが、良いところもたくさんありました。もちろん、悪いところもたくさんあったのでこの敗戦を「まあいいや‥。」と忘れてしまうのではなく、ひとりひとりが今日のミスを反省しどうすれば次の試合で同じミスをしなくなるかを考える必要があります。だから、負けることはぜんぜん悪いことじゃないし『失敗から学べる選手』こそ一流の証なんです。といっても、まだ小学生には難しいでしょうから、まずは楽しんで試合ができれば上出来でしょう!

ー今日の写真は、93年の海老名ダックスズ。ぼくは5年生ー                                    

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »