« みなさんに感謝 | トップページ | 返信メール »

2006年9月 9日 (土)

朗報

63jpeg3001  来年のチーム探しに向けて新たな情報が入ってきました。2007年にアメリカ東海岸のジョージア州とフロリダ州をまたいで『サウスコースト・リーグ』という独立リーグが立ち上がることになったそうです。そして、先日そのリーグの副社長に「キャッシュ・ビーチャム」が就任することになりました。キャッシュについては今までも何度か紹介してきましたが、あらためてぼくが彼と知り合った敬意を紹介したいと思います。彼は、1982年(ちょうどぼくが生まれた年)にカナダのトロント・ブルージェイズ(キッチナーのすぐ近く)からドラフト指名され13年間メジャーやマイナーリーグでプレーしてきました。そして、打率.285、464打点、通算1000安打以上というすばらしい成績を残し引退、現在は各地の独立リーグで監督を務めその世界では言わずと知れた名監督として活躍しています。そんな彼が今年監督を務めた「ペンサコラ・ペリカンズ」のリーグトライアウトで声をかけたのがこのぼくだったんです!今年4月にテキサス州フォートワースで行われたこのトライアウトで、ぼくは3アウトを全部三振で仕留めるという出来すぎた成績を残しキャッシュからチームへのスカウトを受けました。しかし、ビザの関係で入団は実現しませんでしたが、その場でメールアドレスを交換しちょくちょくメールをする関係になったのです。ちなみに、彼はぼくが退団した後にサムライ・ベアーズのコーチに就任したという経緯もあり、なんだか運命的なものを感じる人ですね!

 そんな彼が独立リーグの副社長に就任したということは、ぼくにとって願ってもいないチャンスです。独立リーグは、もちろんトライアウトで良い選手を発掘することもありますが、大抵はGMや監督同士の推薦で選手を集めるということがほとんどなんです。だから、自分の実力を認めてもらったうえで、そういったスタッフとつながりがあることはとても有利な条件となります。もちろん、新興独立リーグには金銭面での課題が多く現実に立ち上がるかどうかの保障はありませんし、ぼくにはビザや外国人枠の問題など多くの困難があります。そして、まだこのリーグの詳細も決まっていないのでどうなるかわかりませんが、詳しい情報が入り次第またお知らせしたいと思います。

South Coast League

Web Site:http://www.southcoastleague.com/

|

« みなさんに感謝 | トップページ | 返信メール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。