« Happy Xmas to you | トップページ | 集い »

2006年12月27日 (水)

2006年を振り返って

2006年もいよいよあと4日。今年もいろいろありました。

Cimg6602_512 まずは3月。1回目の渡米でフロリダ州オーランドへ行きました。そこで、ロサンゼルス・ドジャースとデトロイト・タイガースのトライアウトを受けましたが2連敗。ドジャースにいたっては初めて1次テストで“不合格”を言い渡されマイナーリーグのレベルを実感します。また、初めてのレンタカーも経験しました。到着した空港からホテルまでおよそ20分の距離を2時間かけてたどり着き、すべてが正反対の交通事情に戸惑います。また、初めての職務質問も経験しました。今思えばあたり前なんですが、3台のパトカーに囲まれた職質中の車のすぐ前に停車し、ハザードをたいて降りようとしたから当然のように警戒されます。ガラス越しにライトを照らされバッグの中身をすべてチェックされました。道を聞こうと思っただけなのに‥。3月は初めてずくしの渡米となりました。

Cimg7603_512 次は4月。去年につづき2度目のテキサス州フォートワースへ行きました。このアメリカン・アソシエーションのトライアウトは、去年サムライ・ベアーズへの推薦をもらった縁起の良い球場なので自信を持って挑みます。そして、奇跡の3者連続三振!ここで、あのキャッシュ・ビーチャムと出会い、3日後にフロリダ州タンパで受けるユナイテッド・リーグへの推薦をもらいます。よって、フロリダではこのトライアウトを免除され6日間のバカンスを満喫。すっかり運転にもなれいろいろ出かけました。やっぱり一番はビーチかな?あとはこのブログが始まったのもこの月でしたねぇ~。

Njk_512 そして6月~8月。カナダのカルガリーに飛び込みでトライアウトを受けに行きました。これが、今年一番の“チャレンジ”であり印象深い出来事でした。エージェントにカナダへ行ってこいと言われて次の日にチケットを買いに行き、その次の日に出発しましたからね。しかも、初めてのカナダでホテルやレンタカーの予約もなし、トライアウトの約束もなしでチームのクラブハウスにスーツケースもって乗り込みましたから。でも、カナダで野球がしたいんだと必死で伝えたらみんなサポートしてくれました。電車の乗り方を教えてくれた盲目の老人、高速バスで隣になったグルジア人商人、パンサーズのラジー球団社長やスキャッグスGM、そしてシーズンを共に戦ったチームメイト。この経験で、“野球の楽しさ”や“あきらめない心”を学び、さらに成長して帰国することができました。

P1010142_512 あとは11月。予てから準備を進めていた野球教室の第1弾が実現しました。この野球教室が終わった後の充実感と達成感は今まで経験したことがないぐらいすばらしいものでした。確かに、野球教室の目的はぼくたちが子供達に技術的・精神的指導をすることですが、実は僕自身彼らから多くのパワーをもらっています。あの真剣な眼差しやひた向きにボールを追いかける姿は見習わなければなりませんし、ぼくの夢を応援してくれる彼らの言葉はとても励みになります。これがあるから野球教室はやめられませんね!

こうやって大まかに振り返ってみても、2006年はいろいろありました。これらもひとえにみなさんのおかげです!これらの経験を通じて、ぼくは少しずつ“夢”に向かってステップアップしています。これからもみなさんの期待に応えられるよう頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。そして、みなさんの2007年がよい年でありますように!! 落合 陽

|

« Happy Xmas to you | トップページ | 集い »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。