« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

独立リーグ

Cimg7379_512  アメリカのプロ野球は、メジャーリーグとマイナーリーグ、そして独立リーグの3つの組織に分けることができます。メジャーリーグとは、みなさんご存知の通り世界最高峰のプロ野球リーグです。マイナーリーグは、そのメジャーリーグと業務提携した下部組織にあたり、日本の2軍のようなイメージをして頂ければ分かりやすいと思います。

 そして、そのどちらにも所属せず、広大なアメリカ大陸のみんながほとんど知らないような小さな町をホームタウンにして開催されるのが、この独立リーグという組織です。もちろん、観客も集まるしテレビ中継もされます。選手もちゃんと給料をもらえます。

 2006年の時点で、ぶじ存続しているリーグは全部で6コあります。以前からお話している通り、独立リーグは財政的にとても貧しい組織です。ですから、大都市のフランチャイズを持つメジャーリーグとは違い、どうしても観客動員数や放映権料に差が出てしまうんです。したがって、開幕寸前に破産してしまうことやシーズン中に消滅してしまうことがしょっちゅう起こります。

 ちなみに、それぞれの独立リーグを見てみると、まず一番財政的に豊かでトリプルAレベルの優れた選手が集まるのが、ニューヨーク州やニュージャージー州などの北東部で行われる“アトランティック・リーグ”です。世界の盗塁王リッキー・ヘンダーソンや先日お世話になった今関さんもここでプレーしています。

 その他に、アメリカで最も有名で人気のあるチーム「セントポール・セインツ」が所属し、ぼくも2度トライアウトを受けたことがある中西部の“アメリカン・アソシエーション”、2005年に結成した「侍・ベアーズ」が所属した西海岸の“ゴールデン・リーグ”、去年ぼくが入団寸前で駄目になってしまったテキサス州の“ユナイテッド・リーグ”、去年1週間だけ練習生として参加したアメリカ北部とカナダの南部にまたがる“ノーザン・リーグ”、北東部の“キャナム・リーグ”、中西部の“フロンティア・リーグ”があります。

 また、一般的には知られていませんが、独立リーグには選手のメジャーリーグ経験や年齢によって登録人数が制限される選手登録制限があります。ですから、メジャー経験者は何人、20歳から25歳までの若手は何人、プロ野球未経験者のルーキーは何人というふうに決められ、また、それに見合った給料を一律で適用することで、各チームの勢力均衡を保ち財政の負担を軽減させているんです。

 選手からしてみれば、こういう小さな町の球団でもけっこう楽しむことができるんですよ!確かに、メジャーリーグのように大舞台で大観衆を前にしてプレーするのもいいですが、独立リーグのようにすぐ側にお客さんがいて気軽にコミュニケーションがとれるのも悪くないと思うんです。アメリカ人は本当に野球が好きで、みんな試合に集中していますから、そんな視線をまじかに感じれば自然と気が引き締まるし、良いプレーをした時の祝福や悪いプレーをした時の野次がすぐに聞こえてきます。そんな暖かいファンひとりひとりにサインしてあげられるのも、メジャーリーグにはない良さだと思っています。いろいろな理由があってぼくはアメリカでプレーすることを望んでいますが、こういった部分でもぼくの気持ちがみなさんに伝わるのではないでしょうか。

 せっかく、ぼくが独立リーグに挑戦し、こうしてブログを見てくれている方は少なくとも一般の方よりはアメリカの野球界に精通しているわけですから、独立リーグの試合を日本で見ることはできないと思いますが、こういった事情を考慮した上でメジャーリーグ中継を見るのも、また違ったおもしろさがあるのではないでしょうか。みなさんも、野球を愛して、心から楽しみましょう!

| | コメント (0)

2007年1月24日 (水)

大怪我!?

 今日で後期試験も終了し、明日からは長い長い春休みが始まると思った矢先、“交通事故”に遭い人生初の救急車に乗ってしまいました。

 事故の状況は、今日の4限目に最後のテストを控え少し早めの12時15分ごろ、自転車で駅に向かうため海老名市中央1丁目の交差点を青信号で直進したところ、前から右折しようとして来た前方不注意の普通乗用車がそのまま止まらず右折し、ぼくの右方向から追突しそうになりました。国分寺跡から坂を下った焼肉屋の交差点です。ぼくは、とっさにブレーキをかけ急停車しましたが、その際後輪が宙に浮き、ぼくはそのまま前方に投げ出され、車の右前輪に右腕とジャンパーを挟まれて動けなくなってしまいました。

 7箇所の擦り傷と3箇所の打撲の割には痛くなかったんですが、救急車を呼んでくれるということで念のため検査を受けに総合病院へ搬送されました。そして、レントゲンをいっぱいとりましたが骨に異常はなし、傷の消毒をして帰宅となりました。

 肝心のテストですが、すぐに大学へ連絡をし、診断書をもらえば追試を受けられるということで、春休みが1週間ぐらいずれ込んでしまいますが、試験勉強の時間が増えたことは良かったです。神様も粋な計らいをしますよね(笑)

 まあ結果的には大事に至らなくて何よりです。2、3日安静にしてから、スプリングトレーニングに向けて本格始動していきたいと思います。運転する方も自転車や歩行者の方も、ぼくのようにならないよう気をつけてください!

| | コメント (0)

2007年1月 8日 (月)

マイナーリーグ

47_512 桑田のマイナー契約、野茂のマイナー落ち、そしてぼくの今年の目標はマイナーでプレーすること、と最近何かと耳にする“マイナーリーグ”という言葉。いったいマイナーとはどのような世界なのでしょうか?

アメリカのプロ野球界は、メジャーリーグを頂点としてその下にマイナーリーグが属するというピラミッド型を形成しています。1901年に設立されたマイナーリーグは、96チームからスタートし現在では約200チームがアメリカ、カナダ、メキシコ、ドミニカ、ベネズエラに点在しています。

また、マイナーリーグといっても日本の2軍とは違い、上からトリプルA、ダブルA、アドバンスド・シングルA、シングルA、ショートシーズン・シングルA、ルーキーリーグと6つの階級に分かれています。ちなみに、ぼくが挑戦する独立リーグはだいたいダブルAクラスと言われており、桑田が挑戦するのはトリプルAにあたります。

次に、アメリカのマイナーは日本の2軍と考えている人が多いと思いますが、それは大きな誤解になります。なぜなら、選手の育成に重点をおく2軍とは違い、マイナーリーグは選手の育成はメジャー任せで会社として独立採算制をとっているからです。したがって、マイナーには選手の昇格や降格、監督やトレーナーなどの人事権はなく、また選手の給料や宿泊費以外にメジャー球団からの援助はありません。したがって、チケットやグッズ、イベントの売り上げなどで球団を経営しなければならないのです。

また、いくらトリプルAの選手とはいえ住居費や交通費は自己負担になります。2005年にニューヨーク・メッツのトリプルAでマイナー経験をした石井一久は、「メジャーとマイナーとの違いは、遠征に尽きる。」と答えています。メジャーの遠征ではチーム専用のチャーター機が用意されひとり3席割り当てられるのに対し、マイナーでは7~8時間かかる遠征でもバスで移動し席はもちろん一つ。もし、飛行機で移動したとしてもビジネスクラスへのグレードアップは自己負担になります。

給料も、メジャーリーグの平均年俸が約3億8000万円なのに対し、マイナーの平均は約350万円程度。メジャーの選手が、毎日のように大観衆の中でハッスルプレーをし厳しいトレーニングを欠かさないのも、この険しいマイナーリーグの世界に2度と戻りたくないというプライドがあるからこそできる技なのです。

私たちが気軽に口にする“メジャーリーガー”という言葉は、ベンチ入りが許される25人の登録選手にだけ与えられる称号であり、マイナーという長く険しい道のりを突破したエリート中のエリートに与えられるなんとも特別な言葉なのです!

そう考えれば、独立リーグはマイナーリーグよりももっと財政的に厳しく、メジャーへの昇格が保証されていない完全に独立した組織ですから、そこからメジャーに上がろうとするぼくにとっては気が遠くなるほど長く長く険しい道のりが待っているということですよね‥。でも、この難関を突破したときには、きっと何かが見えるはず‥。

ー今日の写真は、山中湖から富士山の頂上まで歩ききった長く険しい道のりー

| | コメント (1)

2007年1月 1日 (月)

謹賀新年

Cimg8718_512 今年も1年が始まります。みなさんも夢、目標をもってこの1年を充実した年にしましょう。

ちなみに、ぼくの目標は今年中に“マイナー契約”を取ること!

ところで、昨日は毎年恒例の海老名ダックスズOB会をやってきました。このイベントは、世代を越えたOB同士で試合をしたり現役選手と食事をしたりして交流を深めるもので、さすがの中学生や高校生も大晦日なら部活が休みだろうということで始まったものです。イベント自体は6年目でぼくは3度目の参加となりました。

試合結果は、7回で3-3の引き分けに終わりました。ぼくたち年長チームの先発は還暦を過ぎたわれらが代表で、相手チームは2度の甲子園出場をはたした現役高校生が務めました。完全に投手戦となり、ぼくは3打数1安打、7回裏に同点ボテボテタイムリーを放ったものの、正直バッティングは今年カナダで2打席立っただけで高校生以来6年ぶりとなりました。失点の3点も、内野を務めた年長者たちのエラーによるもので、ほとんど負けに等しい内容でしたね‥。

それにしても、このようなイベントは非常に良いものです。現役選手にとっては良い刺激になりますし、OBにとっても懐かしいグラウンドやチームメイトと会えて当時を振り返る良い機会になるでしょう。

ところが、ぼくはずっと痛めていた喉が昨日でさらに悪化し新年早々声が出ません。なんともお恥ずかしい元旦となりました‥。みなさん、体には気をつけてください!

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »