« ケガ | トップページ | 28日出発 »

2007年2月25日 (日)

弱音

Cimg4616_512  まだ、このブログで公式に発表していませんでしたが、今年度第1弾の渡米が決定いたしました。3月31日にフロリダ州で開催されるサウスコースト・リーグのトライアウトに参加する予定です。

 実は、これも報告遅れましたが、去年から続いていた契約交渉が暗礁に乗り上げ、契約書は獲得したものの結果的にベストの成果が得られませんでした。

 一般的に、野球の入団交渉では、自分を採用してくれるチームとの契約を獲得してからそのチームが所属するリーグとも同時に契約するのが普通の流れですが、今回のケースでは、ぼくたちが交渉していた相手がキャッシュというリーグの副社長だったため、先にリーグの契約書を得てから具体的なチームを探すという逆パターンになってしまったのです。

 キャッシュ副社長はぼくのピッチングを実際に見たことがあるので、いくつかのチームに声をかけてくれたのですが、相手チームの監督は興味を示すものの、実際に見てみないとわからないという回答がほとんどだったそうです。まあ、残念ですけど、あたり前ですよね‥。

 去年からの契約交渉は、この1回分の渡米をなんとかパスできないかと早めに手を打っていたのですが、やっぱり実績に欠ける現段階のぼくでは難しいものがありました。なので、3年目をむかえる今年も、やっぱり開幕はトライアウトでのおひろめ会からになってしまいます。けっこう掛かるんですよ!あっちの方が‥。

 でも!今日話したいことはそのことではないんです。実は、今日投げ込みに行ってきたんですが、あまりの“絶不調”にショックを受けてしまい、ひさびさ弱音を吐いて帰ってきてしまいました。

 いつもは、『HEADS UP BASEBALL』(頭を上げて胸を張り、自信をもってプレーすること)だとか言って偉そうなこと言ってますけど、けっこう落ち込むんです。特にピッチングでの失敗はどうしても受け入れられず引きずってしまうこともあります。

 でも、その後のミーティングで、失敗の原因が分かりましたのでみなさんも参考にしてください。これは、できる人にとってはあたり前のことなんですが、できない人にとってはかなり難しいと思います。それは、“他心通”することです!

 他心通とは、仏や菩薩が持つと言われる超人的で自由自在の不思議な力“六心通”に数えられるもので、「他人の心を知る力」のことです。これが、ぼくにはどうも欠けているらしい‥。確かに、ぼくは場の空気が読めない。相手が自分のことをどう思っているかもわからない。だから、相手の言葉を素直に受け入れそのまま実行してしまうんです。

 いろいろ調べてみた結果、どうやら他心通は、自分に時間的・精神的余裕がないと働かないらしい。あぁ~、なるほど‥‥。みんなの言うとおりだ‥。

 確かに、ぼくには余裕がない。もうトライアウトまで1ヶ月しかないのに思いどおりのピッチングができないし、肩や肘の調子も万全ではない。だから、ここが悪いと言われれば、徹底的に考え抜いてピッチングフォームを修正してしまい、結果的に自分の持っている本来の良さを消すことになり、球が走らずフォームもばらばらになってしまうという悪循環が起こってしまったのです。

 ですから、今回学んだことは「その間を見つけること」です。言葉をそのまま受け入れるのではなく、相手が伝えようとする意図を読み取り、それを自分の理想に近づけていくことです。完全に修正して自分の良さを消してしまう頂点とまったく修正せず自分の良さが引き立たない底辺の間で、最も球が走る理想を見つけること。

 みなさんも野球をしている者なら、1度はピッチングやバッティングのフォームを直されたことがあるでしょうし、そのことで悩んでしまったことがあるでしょう。そんな時は、片方で監督のアドバイスを聞きながら、片方で自分のスタイルを崩さず、その間で自分の力が最大限発揮できる理想形を探してみましょう!そんなに簡単なことではありませんが、これができるのは本人だけです。

 あと、どんなに余裕がなくても、人の話はしっかり聞きましょう!とぼくはいつも怒られています。ごめんなさい!気をつけます。

|

« ケガ | トップページ | 28日出発 »

コメント

最後にマウンドに行って投げ込めるものは、技術じゃない。野球をしたいという‘‘思い‘‘だ。自分の力をもう少し信じてみな。これからの道のりを考えたらこんなことはいくつも起きること。

‘‘信念‘‘というのは字のごとく、信じ、念ずること。今の陽にそれがあるかい?気持ちばかりが焦って見える。一回ゆっくり深呼吸してみな。それから今まで自分がしてきた練習がどれだけのものだったのか考えてみれば良い。嘘があったのかい?手を抜いたかい?

そんなことはないはずだ。誰よりもハードにやってきたし、体も心も1年前とは比べ物にならないぐらい強くなった。だったら俺が言おうとしていること分かるだろ?下を向く必要はないし、そんな時間はいらない。メジャーに行って放るんだろ?

陽は俺たち仲間の‘‘夢‘‘なのだから・・・。

どうしても頭が良すぎるから頭だけで考えすぎる。そうじゃなくて、身体で感じてみな。難しくなりそうな時ほど、シンプルにまとめる。頭で考えて投げるんじゃなくて身体に任せてみな少し・・。

それと焦る時ほど、余裕を持ってゆっくりやることだよ。それはどういう意味か分かるかい?‘‘野球を楽しむ心‘‘を忘れないってこと。良くいうだろ?‘‘let`s play ball!!‘‘ってさ・・。それができれば大丈夫だよ。。。

投稿: Yoshi | 2007年2月26日 (月) 22時11分

ブルースリーがゆっとたわ。
考えるより感じろ!
って難しいよなあ・・・。

要するにフィードバックできる型がないからスランプに陥る。
では型を習得するにはどうすればいいのか?それは投球動作における内側の体の使い方やし、心の問題。一流投手の外見上の動きが参考になるのではない。体の内側の動きや。それは一朝一夕に培えるものではないし、日々の鍛錬で得るしかない。疲れたから休むというものではない。疲れない体の使い方が大切なんや。
今から技術が格段にアップすることだってありうる。
メジャーで投げるからすごいのではない!
目的達成においてどのようにアプローチしたのかが最も大切なんや!

投稿: シマルーヒ | 2007年3月 2日 (金) 00時10分

この記事へのコメントは終了しました。

« ケガ | トップページ | 28日出発 »