« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

結果報告

Dscn0847_512 サウスコースト・リーグのトライアウトが終わりました。残念ながら、ドラフトに引っかかることはできませんでした。

正直、なかなかのピッチング内容だったし、首脳陣の反応も良かったので、少しがっかりしています。

当日は、7:30に集合し、予定通りトライアウト開始。いつものようにウォームアップをしているといかつい体の集団がぼくに声をかけてきます。まぶしかったのですぐにはわからなかったのですが、なんと去年のキッチナー・パンサーズのチームメイトでした。ルームメイトだったヒーグスとゼム、それにカナダ人ピッチャーのクーギーです。みなさん覚えてますか?

やはり、こっちで経験をつむと、こういう機会が多くなりますね。あとは、2005年に“欽ちゃん”球団の助っ人外国人として来日したデミアンという選手もいました。彼は、ほんの少しだけ日本語が話せ、しかもかなり陽気な若者なので、欽ちゃん球団の裏話を聞きながら楽しませてもらいました。ちなみに、こいつはMAX152kmの豪腕で、一緒にキャッチボールをしたときもかなり良いボールを投げてました。そして、しゃべるだけしゃべって、登板寸前に「契約した!」とか言って帰っていきました。

もちろん、日本人もいました。ぼくは、今までのトライアウトでかならず一人日本人に遭遇しているのですが、今回もやっぱり一人いました。彼は、会場のブラデントン近くのべースボール・アカデミー(野球の専門学校)で練習している青年で外野手です。彼も、最後のドラフトまで残り、けっこう豪快なバッティングをしていました。

ぼくのピッチング内容はというと、打者4人に対してショートゴロ2つとライトへのぽてんヒットひとつ、最後は三振をとりました。その前が2アウトで終わっていることを考えれば、4アウトまでやらせてくれたことはかなり興味を持たれていたはずだし、ストレートも変化球も押していたので好印象だったと思います。ただ、スピードガンでは135kmしか出ておらず、パワー不足や体の小ささが目立ってしまったようです‥。

ただ、チームメイトや日本人がいたおかげで、なんだか練習をしているようでぜんぜん緊張しなかったのは良かったと思います。いつもは、トライアウトでけっこう力が入ってしまうんですが‥。

ということで、このリーグが一番可能性が高かったので予想外の展開になりました。でも、いろいろ気づかされるところもあって良い勉強になりましたし、エージェントのヨシも日本で対策をしてくれているようなので感謝しています!

とりあえず、胸を張って日本に帰れるよう、残りのチャンスは全力でがんばりたいと思います。

| | コメント (0)

2007年3月30日 (金)

下見

Dscn0838_512 今日は、早朝から昨日の公園でトレーニングしてきました。

昨日よりも体が軽く、肩の調子も良好です。明日は久々の実践になりますが、力まず楽しくピッチングできればいいなあと思っています。

その後は、一応あす迷子にならないように“ブラデントン”のテスト会場を下見してきました。ブラデントンは、そこそこ大きな街だと聞いていたのですが、その会場はブラデントンのダウンタウンよりハイウェイ2つ分はなれたところにあるので、本当に何もないど田舎でした。

でも、会場は“レイクウッドランチ・パーク”という広大な敷地の中に野球場4面とリトルリーグ用のグラウンドが4面、その他にソフトボールやテニスコート、フットボールや屋外スカッシュコートなどが完備されており、しかも開放されています。

ぼくの野球選手としての“最終目標”は、子供たちのために無料のスポーツ・コンプレックス(複合施設)を作ることなので、多くのスーパーアスリートを排出する本場アメリカの設備はとても参考になります。

ぼくが泊まっているモーテルにもぞくぞく選手が集まっており、ドジャースのバッグをもったばかデカい奴もちらほら見かけました。いよいよ本番です!

| | コメント (0)

2007年3月29日 (木)

ショッピング

Dscn0794_512 今日は、まだトライアウトが始まらないので、ディズニーワールドで有名な“オーランド”に行ってきました。

さすがに、男二人でディズニーするのは気がひけるので、プレミアムアウトレットで買い物します。やっぱり、日本で売ってないものをみると買いたくなってしまいますよね。

しかし、遊んでばかりもいられないので、メジャーリーグのキャンプ地を回り、昨シーズンのファイナリスト“デトロイト・タイガース”と“アトランタ・ブレーブス”を見学してきました。開幕まであと2日と残りわずかな試合のためチケットは取れませんでしたが、施設や会場の雰囲気を味わうだけでも感動します。

今日は、慣れない運転や買い物で少し疲れましたが、レジェンズフィールドの隣の公園でしっかり練習してきました。やはり、移動や時差ぼけで体が重くキレがありませんでしたが、毎日30℃を越える暖かい気候なので、たっぷり汗をかいて体をほぐしていけばきっと良いピッチングができるでしょう!

あと、15時間遅れで荷物が届きました。お騒がせですよね‥。では、またあした。

| | コメント (0)

2007年3月28日 (水)

置き去り

Dscn0783_512 13時間のフライトを無事終え、フロリダ州タンパに到着しました。

今回は、初めて仲間といっしょの2人旅で、しかもカナダ、オーストラリア、台湾、中国と世界中でプレーした経験豊富な先輩なのでとても心強いです。

しかし、レンタカーでの運転は初めてらしく、さっそくワイパーを動かし、左側通行で反対車線に侵入しようとするところは、先が思いやられます。そんな運転で、とりあえずヤンキースのキャンプ地レジェンズ・フィールドに行ってきました。満員で中には入れなかったけど、松井選手が活躍したみたいですね。

ところが、ここでひとつ問題が発生しました。さすが、いい加減な国アメリカというか異国でプレーする難しさというか、カウンターに預けた手荷物が経由地のシカゴ・オヘア空港に置き去りにされてしまいました。

話には聞いていたけど、実際経験するのは初めてで、着替えも洗面具もなにもない生活は正直しんどいです‥。トライアウトにはギリギリ間に合いそうですが、それまでの練習も何もできないので、早速保険会社に交渉です!

ということで、今年のトライアウトツアーもやっぱりトラブルから始まってしまいました。でも、もう6回目なので、これはこれでひとつの経験として楽しめていますが‥。あとは、残りの10日間を無事に過ごせるようがんばって行きたいと思います。

| | コメント (0)

2007年3月21日 (水)

28日出発

Cimg6903_512 ついに、渡米の詳細が決定いたしました。

出発は3月28日(水)で帰国は4月7日(土)の11日間です。滞在先はフロリダ州中西部に位置するタンパ。29万の人口をもつフロリダ第二の都市で、あの松井秀喜選手率いるニューヨーク・ヤンキースのキャンプ地でもあります。

その11日間で3つの独立リーグをまわる予定で、まずは大本命の“サウスコースト・リーグ”のトライアウトが31日に行われます。リーグの契約書はすでに持っていますから、あとはチームを探すだけです。スタッフがすでにぼくのことを知っているというのは非常に有利なことですが、期待通りの活躍をしなければならないというプレッシャーも一番大きなテストとなるでしょう。場所は、桑田真澄投手が所属するピッツバーグ・パイレーツのキャンプ地ブラデントンで、タンパからは車で約45分のところにあります。

次は、2日と3日の二日間行われる“ノーザン・リーグ”のトライアウトです。ノーザン・リーグといえば独立リーグの中でも長い歴史を持ち、レベルの高いリーグに数えられます。そして、去年ぼくがカナダのカルガリーで1週間だけ練習生で在籍したカルガリー・バイパーズが所属するのもこのリーグです。もし、去年と同じ首脳陣がいたら恨みをはらしてやりたいと思います。

そして、最後が4日と5日に行われる“キャナム・リーグ”のトライアウトです。このリーグは、過去数年テキサス州フォートワースで他の独立リーグと合同でトライアウトを開催しているため、ぼくも2回参加したことがあり、もしかしたら知っているスタッフがいるかもしれません。また、エージェントの知り合いがキャナム・リーグにコネを持っているため、一応話をしておいてくれているようです。場所は、あのD-マットが所属するボストン・レッドソックスのキャンプ地フォートマイヤーズで、タンパからは2時間近くかかります。でも、時間があれば見に行ってみたいですね。

ということで、今年もこの季節がやってきました。しばらく日本を離れる寂しさと、練習の成果を発揮できる喜びでいっぱいです!今日は、神様のお墓に行ってしっかり神頼みしてきましたし、心強いお守りももらいました。あとは、本番でその力を存分に発揮し、最高の舞台を楽しんできたいと思います。では、行ってきます!

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »