« しょうがない | トップページ | Walt Disney World »

2007年4月 4日 (水)

迫力

Dscn0987_512 今日は、“キャナム・リーグ”のトライアウトの予定でしたが、3連投の疲労で肩や肘の調子がよくなく、シーズン前にケガをしてはいけないと思い参加を辞退することにしました。

そこで、念願のボストン・レッドソックスのキャンプ地フォートマイヤーズに行くことにしました。

その前に、トライアウト会場のミネソタ・ツインズの本拠地にも行ってみたのですが、どちらもキャンプが終了していると言うこともあり、自由にグラウンドに入って記念撮影をさせてくれました。

なので、早速レッドソックスの本拠地“シティ・オブ・パームズパーク”のマウンドに立ち、D・マットが眺めた同じ景色を体験してみました。このグラウンドは、ニューヨーク・ヤンキースなどの同じ名門チームに比べると芝生やベンチのコンディションがあまり良くありません。

ただ、開放されているとはいえフェンスを乗り越えなくてはならず、こんなことやっているのはぼくたちだけでしたけど‥。あとで、防犯カメラがついていることもわかりました。危ないところでした‥。

その後、岩村選手が加入し、タンパをフランチャイズとするタンパベイ・デビルレイズのホームグラウンド“トロピカーナ・フィールド”を見学しにいきました。予定では、いつからホームでの試合が始まるかチェックしに行っただけだったのですが、ここでも運よくイベントが開催されていて、グラウンドに入ることができたんです。

正直、やばいです!今までは、なんだかんだでスプリングトレーニングの会場でしたが、本場メジャーリーグのスタジアムは、その迫力が半端ないです!思わずため息をついて、しばらく上を向いたまま黙ってしまいました。ここは、メジャーリーグの中では3つしかないドーム型の施設なんですが、その中に足を踏み入れたとたん、なんだか宇宙空間に吸い寄せられたような気分になります。

あんなところでプレーできるメジャーリーガーは本当に幸せですよね?あの会場に、ましてや満員の観衆が総立ちになって応援してくれたら、すばらしいプレーができないわけがないですよ!

みなさんも、一生に一度はメジャーリーグを観戦することをお勧めします。きっと、もっと野球が好きになることでしょう。

|

« しょうがない | トップページ | Walt Disney World »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。