« キャンプイン | トップページ | セルフラブ »

2007年5月16日 (水)

イエローサブマリン

Captioner95282741  田島光はサブマリン投手だった。野茂英雄がアメリカに渡り、日本人が大リーグで活躍できることを証明する何年も前に、彼は海を渡っていた。

夏の高校野球を予選で敗退し、どうしてもっと楽しく野球をさせてもらえないのかと感じ、彼は大リーグのドラフト指名を目指してボストンへ向う。

当時は、まだ日本人が野球をやるなんて思われてもいなかったが、それでも地元のソフトボールチームから始まり、フロリダの野球アカデミー、アラスカのサマーリーグ、そしてマイナーリーグに参加し、彼は着実にステップアップしていった。

そして、彼は夢を叶える。最後まで決してあきらめなかったことと、野球を通じて多くの人に出会ったことが、そういう結果を導いたのだと思う。彼はチャンスに恵まれていたし、それを確実につかんでいた。

とは言っても、これはすべて架空の話。ぼくが人生で始めて読んだ小説“イエローサブマリン”から抜粋したものだ。

それにしても、なぜぼくの人生はこうも上手く行かないものか‥。もちろん、ぼくは世界一競争の激しいアメリカの野球界で生きていこうとしてるのだから、それも仕方がないことなのかもしれない。

毎日同じ電車に乗って、日々坦々とした業務をこなし、安定した給料をもらう。まわりのみんなは「好きなことやってお前は幸せだな。」と言うけど、「君たちの方がよっぽど幸せだよ。」と突っ込みたくなるときがある。

今のぼくには、みんなと違う電車に乗って早く職場にたどり着かなければならない。そこで毎日結果を残さなければ明日にでも首を切られる危険がある。そのために、毎日休まず練習してるのに、なぜいつもこういう展開になるのだろう‥。

見たくもないのに、ぼくのメールボックスは不幸のメールでいっぱいだ。今日もひとつお友達が増えました。やっぱり書かれる“problem”の文字。嫌な予感的中です!

今日、球団がINS(米国移民帰化局)に問い合わせをしたところ、一次審査が終わるのが早くても来週の末ぐらいになりそうだとのこと。この審査が終わったあと、日本側から申請をし、アメリカ大使館で面接をし、その後数週間でビザが正式に発行されるというのに。

ということで、開幕ベンチは絶望的です。そして、去年に引き続き途中入団となりハードルはかなり高くなることが予想されます。なんだかこんな展開を素直に受け入れられるようになった自分を褒めるべきなのかどうなのか?もっと実力があれば良いのでは??

でも、田島光ならこう言うでしょう。「メジャーのマウンドに立っている自分だけを想像してろ!お前も球場に向かう車の中で、自分の昇格を伝えるラジオ放送を聴きたいんだろ?」と。

みなさんも一度読んで見て下さい!山際淳司著作の小学館から出ています。

|

« キャンプイン | トップページ | セルフラブ »

コメント

 落ち込んだ時、必ず自分に言い聞かせる言葉がります。「神様はできない試練はお与えにならない」。学生時代、シスターに言われたのか、クリスチャンの友人から聞いたのかは忘れましたが、なにかある度に、その言葉は私を支えてくれました。春に咲く花は冬の厳しさをくぐりぬけて、花開くのです。今はあなたにとって我慢のときかもしれません。でも我慢が大きければ大きいほど、マウンドに立つ喜びも大きいと思いませんか。物事は、自分にとってプラスになるように考えましょう。

投稿: ドラゴン | 2007年5月17日 (木) 10時51分

陽、ビザを待っている間も思考を絶対にマイナスに働かせてはダメだよ。なぜならそれは必ず海を越えて伝わってしまうから。今の状況に不満を言うなとは言わない。

なぜなら陽にはチャンスをもらえるだけの才能があるからだ。だけど何度も言うけれど、この状況は自分の力の及ぶ範囲ではない。だからこんな時だからこそ、自分のやるべきことに集中して、運を呼び込まないといけない。

メジャーに行くことは難しい挑戦だが、絶対に不可能ではない。それに今なら距離感もつかめてるはずだ。今シーズンがどんな始まり方になろうともゴールは動かないし、変わらない。ならばやるべきことは一つだ。現役のボールプレーヤーでいる間は常に求められる姿勢。

trying at your best 誰かのではなく自分の限界に常に挑戦していくこと。精神的にも、肉体的にもね・・・。それが今試されている。成り上がる道は一つじゃない。それを証明できるのは落合陽だろ?

だからシーズンでうまく行っている自分だけを頭に描き続けることだよ。結果はプロだから当然必要。でも結果なんてのはプロセスという偉大な要素が生む単なる一つの副作用でしかない。

経験は決して無駄にはならない。この状況の中で精神的なバランスをとることも必ずシーズンにつながるし、野球選手、落合陽に必要なものだから、弱音をはかずに前向きに、力強く、今までどうりこのブログを見てくれている人たちにパワーを分けてやりな。。。


投稿: Yoshi 42 | 2007年5月19日 (土) 00時19分

この記事へのコメントは終了しました。

« キャンプイン | トップページ | セルフラブ »