« professional | トップページ | cut »

2007年6月13日 (水)

nightmare

Dscn1363 できれば夢であってほしい。でも、やっぱり現実だった‥。

ぼくのプロデビューは散々な結果となってしまった。3回を投げて7失点だった。

とにかく1球目、1回目の登板がとても大事で今後を左右することは充分にわかっていたから、その分力が入ってしまった。

もちろん、初めてのマウンドで、実践は去年のカナダ以来10ヶ月ぶりということもあり、緊張もしたし、バッターとの対戦感覚もかなり鈍っていたように感じた。

その他にも慣れないことばかりで空回りしてしまい、とにかく良く打たれた。

やっぱり、ぼくには経験が必要だ。だから、最初のイニングに大量失点したけど、ぼくにはできるだけ多くの経験が必要だからもう少しマウンドで投げさせてほしいと監督に伝えた。

そして、3回投げさせてもらったけど、その都度コーチや監督にアドバイスをもらい、頭で整理しながらなんとか最後まで投げきったという感じである。

ただ、ぼくには落ち込んでいる暇はない。去年はいろいろ混乱してしまったけど、今回はプロだ。毎日のようにトライアウトが行われ、次々と新しい選手が入ってくる。

もう、すでにルームメイトが2人いなくなった。だから、とにかく今は前を向いて全力で頑張るしかない。次はいつ自分の番になるかわからないぎりぎりの状態だから‥。

こんなところでは終われない。

|

« professional | トップページ | cut »

コメント

励ましの言葉になるか分からんけども、大学時代の先輩が、ぼこぼこに打たれた俺に、超一流の投手でもうたれることがあるんや!次の登板でそれを活かすことができるかが大事やと言ってくれた。どんな選手でもミスすることもあるで!野球は確率のスポーツやんか!
100パーセントなんかありゃしませんよ!しかし、練習では絶対に100パーセントじゃないとあかんねんで!後は野球の神様のみぞしるやんか!

打たれたって?それがどないしたんや?そこでもがいていることなんてたいしたことないで!悪い中で、自分の意図したボールも投げれていたはずやろ?三振幾つ取った?ストレートの切れは悪いなりにもよかったんちゃうん?だったらそれをいかすにはどういうピッチングをしたらいいの?
とにかく、プロの野球を見て感じて、盗んでいこうぜ!野球漬けの毎日や!こんなに幸せなことはないで!頑張っていこうぜ!

投稿: シマルーヒ | 2007年6月21日 (木) 21時24分

この記事へのコメントは終了しました。

« professional | トップページ | cut »