« Lack of Toughness | トップページ | Big Bear is Back »

2007年8月21日 (火)

The Final Push

21 あまりにも情けないピッチングを続けるぼくに、今日ついにマイクピッチングコーチのメスが入りました。

一言で言えば、彼はすごい!これまでぼくが投げたたった3イニングのピッチングで、彼はぼくのフォームの問題点を9つも見抜いていました。

あごの向きからつま先の角度、肩や腕の傾きや体重移動のバランスなど、こんなところまで見ていたのかと驚くぐらいたくさん直されてしまいました。

今までも、ぼくは繰り返し「メジャーはすごい、メジャーはすごい。」と言ってきましたが、いったい何がすごいのか自分でも良くわからずに言っていたことに反省しています。

ただ、スピードが速いとかパワーがあるとかそんな漠然としたことは、テレビを見ていれば素人にでも簡単に分かることです。

しかし、彼のすごいところは、そのすべてが寸分の狂いもなく的確であるという点です。本当に数センチ、微妙な角度のバランスを丁寧に修正してくれます。

まさに、魔法をかけられたかのようにスピードが上がり、球が重くなり、キャッチャーミット目がけてバシバシと球が吸い込まれていきました。

また、筋肉のバランスも整えられ、今まで痛みが出ていた部分も大分違和感なく投げられるようになりました。

これがメジャー経験者のすごいところなんじゃないでしょうか。マイナーからはい上がるために試行錯誤し、観察し、勉強し、ピッチングのすべてを理解していないとあんな見方はできないと思います。

正直、ぼくのピッチングフォームは、そんなにひどいものじゃないと誤解していましたが、9つも修正されると別人のように変わります。

今までのひどいピッチングがウソのように球筋が変わるので、マイクも驚いた様子で「いいぞ、その調子だ。」とほめてくれました。

ただ、確かに彼の指導は的確で投げづらさはひとつもありませんでしたが、アメリカンスタイルのフォームであることに間違いありません。

ですから、そのすべてが100パーセント自分の体に合っているとも言い切れませんので、この点は慎重に自分の体と相談し、しっかりと分析しないといけないなと感じています。

なので、これからたくさんシャドウピッチングをしてこのフォームを自分のものにし、日本人らしさを忘れずにお互いを融合させれば、また違ったピッチングができるのではないでしょうか。

こんなにすばらしい人と一緒に野球ができ直接指導が受けられるなんて、本当に幸せなことなんだなとあらためて感じています。

あと何試合投げられるかわかりませんが、まだまだぼくも見捨てられてはいないなと気が引きしまる思いで、彼らの期待に答える意味でももうひと踏ん張りしないといけないなと感じています。

もちろん、この経験はぼくだけのものではありませんので、日本に帰ったらみなさんにしっかりと教えられるよう、もっともっと勉強して帰りたいと思います。

|

« Lack of Toughness | トップページ | Big Bear is Back »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。