« Mr,Magnets | トップページ | Hero of The Quebec »

2007年11月24日 (土)

The Little Giant

Dscn8727 しっかりとした夢や目標を持ちながらそれに向かって全力で走り続ければ、そこへ向かってまっすぐな道が切り開かれて行く。

たとえ、その道を踏み外したとしても明確なゴールがしっかりと頭の中に描かれていれば、その道を軌道修正してくれる人やきっかけが必ず現れる。

それを、今日あらためて実感しました。確かに、自分が道を踏み外していたことに気づかされることはそれなりのショックを受けます。

それが、まったく意味のないことではないにせよ、現段階でのパフォーマンスが最高ではないということは、何かしら今の自分に誤りがあるということを受け入れなければならないからです。

今日のぼくのピッチングは散々なものでした。去年に引き続きウェイトトレーニングを上手く取り入れることができず肩を壊してしまいました。

そんなぼくを救ってくれたのが、今日ぼくのピッチングを見に来てくれた「三沢亮介」さんです。

彼は、今年MLBワシントン・ナショナルズで3ヶ月のインターンシップを経験し、メジャーリーグの世界に新たなコンディショニング法を紹介したマッサージセラピストです。

ぼくも最初はピンっときませんでしたが、マッサージセラピストとは鍼や灸または指などを用いて皮膚や経路に刺激を与え病気を治すドクターのことです。

スポーツ業界でよく知られるアスレティックトレーナーは、ケガの予防のためのトレーニング指導や傷害発生を抑えるテーピングやストレッチなどを補助する人たちのことを言いますので、痛みを取る専門家といったところでしょうか。

まだ、メジャーリーグでもこのようなマッサージ技術は取り入れられておらず、三沢さんも最初は選手に指一本触らせてもらえなかったそうです。

でも、彼は自分の技術に対する絶対の自信を失わず挑戦し続けました。そして、帯同した3ヶ月の最後にはメジャーリーガーから絶賛されるまでになったそうです。

ぼくは、去年からオフシーズンに入って重たいウェイトトレーニングを始めた途端、肩の調子が悪くなるという現象に悩まされています。

ぼくの未熟な知識では、この痛みはウェイトトレーニングをすることで起きる筋肉の硬直が筋肉の稼働範囲を狭め、シーズン中のように常にほぐされた筋肉のしなやかな動きができなくなることが原因だと考えていました。

だから、この筋肉のコリが取れればまた調子が良いときのように投げれるんじゃないかと自分の中で解釈し、いつもなんとなく感じる肩の中の嫌な痛みはさほど気にせず投げていました。

でも、先週オフシーズン最高の110球を投げたあとその痛みがピークに達し、今日は右腕を上にあげ帽子を触ることもできないぐらい肩の内部に痛みが出てしまいました。

そこで、三沢さんの治療を受けました。彼は、ぼくの大まかな話を聞いたあとですぐに原因が分かったらしく、肘間接の動きを見ながら患部のはりを取って行きます。

そして、数分も経たないうちに、あれだけパンパンにはっていたぼくの右腕が水風船のようにぷにゅぷにゅっとした触感に生まれ変わってしまいました。

正直びっくりして声が出ませんでしたが、あまりの痛みにこちらも声が出ませんでした。彼いわく、あのメジャーの巨人どもが涙を流すほどだと言います。本当に痛いです‥。

そして、もうひとつの原因がローテーターカフ(肩内部の小さな筋肉)を鍛えるチューブトレーニングの誤解にありました。

英語で“Rotator Cuff”と呼ばれる回旋筋腱板は、上腕頭骨を抱え込む4つの小さな筋肉の集まりです。ボールを投げても腕が飛んで行かないように肩と腕を結びつける重要な役割を担っています。

通常は、三角筋のように外から見えるものではなく、また直接触ることができるものでもないため、その重要性は忘れがちです。

しかし、前述のようにピッチング動作では腕に大きな遠心力がかかりますから、それをつなぎ止めるローテーターカフには想像以上の負担がかかるわけです。

それを知った2005年からぼくはチューブトレーニングを始めましたが、内部の小さな筋肉を鍛えるというデリケートな側面もあり、外部の筋肉を使わないよう負荷をかけすぎずに行うことを意識してトレーニングしていました。

しかし、それがあまりにも慎重すぎて負荷が足りなさすぎると指摘を受けました。実際、負荷を強くするとピッチングで出た痛みがかなり強く現れました。

3年間毎日のようにチューブトレーニングをしていたことで、まさか今頃ローテーターカフに痛みが出るわけないだろうという思い込みが今回の一番の反省点です。

だから、チューブトレーニングはもう充分だろうと思い込み、土台がしっかりと築かれる前に思い負荷をかけた筋力トレーニングを開始し、外の大きな筋肉が成長するにしたがって内部とのバランスを崩していった結果痛みが出ていたということなんです。

その後、正しいチューブトレーニングの仕方を教えてもらい、新しいストレッチと今後のアドバイスももらいしっかりと今回のミスを軌道修正するきっかけを頂きました。

ぼくが、彼に教わった中で一番心に響いたのが「フォームを変えるのは一番最後。それまでにできることは山ほどある。」という言葉です。

痛みが出たらまずはその痛みを取ってやることが先決で、痛みを抱えながら何球投げてもそれはなんの積み重ねにもならない。

ピッチングというのは、腕の角度やボールの握り方を1ミリでも変えれば今までとはまったく違う軌道でボールがミットにおさまります。

ということは、ぼくのように癖のあるボールの軌道や変則的な腕の角度がアメリカに挑戦する最大の武器であることを理解している者にとっては、痛みが出ないフォームに変えることで自分のオンリーワンを消すことは自分の存在価値を消すことでもあり、どうしても受け入れられないものでした。

したがって、フォームを変えること以外にこの痛みを取る方法がないかもしれないと心が揺れ動いていたぼくにとっては、とても力強い言葉で胸にささりました。

今日は、ぼくをいつも応援してくれる相模原市の相武台イーグルスのメンバーが校庭で自主トレをしていたので、彼らも三沢さんに興味津々で話に耳を傾けていました。

チューブトレーニングは、重いウェイトトレーニングとは違い小学生のうちから積極的に取り入れるべきもののひとつだそうです。

今日、直接指導を受けたイーグルスのアツ君とコウダイ君も楽しそうにチューブを引っ張っていたので、きっと良いきっかけになったと思います。

そして、何よりこのぼくがいっぱい勉強させてもらい、今後さらなるステップアップに大きな後押しをもらうことができたと感謝しています。

ぼくよりもはるかに小さな体ではありますが、メジャーリーガーをもうならせるあのパワーとテクニック、そしてあの目力はまさに“小さな巨人”です。

すこやか訪問医療マッサージ

院長 三沢亮介

TEL:042-718-6223

|

« Mr,Magnets | トップページ | Hero of The Quebec »

コメント

前回質問に答えて頂きありがとうございます。
単純な疑問なんですが、ビザ代や渡航費用はどうされてるのですか?自分持ち?球団が出してくれるのですか?

投稿: フロリダ | 2007年11月26日 (月) 23時14分

答えられる範囲のものであればなんでもお答えしますので気軽に質問ください。
ビザ代と渡航費に関しては、その選手の能力はもちろん球団の経済事情によってもさまざまです。
ぼくの場合、今までの経験ではそのどちらも球団が負担してくれたケースや自己負担でまかなうケース、シーズンの活躍に応じてインセンティブ契約(後払い)を付けてくれたケースがあります。

投稿: Yoh | 2007年11月27日 (火) 00時26分

この記事へのコメントは終了しました。

« Mr,Magnets | トップページ | Hero of The Quebec »