« Bring on the Elites | トップページ | Coming Soon »

2007年12月31日 (月)

Once more again

Cimg4680 まずは、今年一年、このブログを通して応援してくださったみなさんに深く感謝したいと思います。

今年は、最低目標であったプロのマウンドに立ち、結果こそともなわなかったもののようやくメジャーのマウンドを目指すスタートラインに立つことができました。

みなさんの応援に何度も励まされ、また来年もどんなに辛いことがあっても絶対にやってやるぞという気持ちで新年を迎えることができそうです。本当にありがとうございました。

ただ、2007年の今年をしめくくる最後の日記が、めでたしめでたしでは行かないことに深く反省しています。

人間というのは精密機械のようには行かないもので、ひとつの山を越えればまた次の山、ひとつ成長すればまた次の成長と常に新たな課題を突きつけられながら日々生活して行かなければなりません。

『心を以って心を伝う』という言葉は日本古来からの考え方であるが、ときにはしつこいぐらいのコミュニケーションをもって、ときには大げさなぐらいの表現方法をもって相手に伝えなければ自分の気持ちを正確に伝えることはできません。

現在のぼくはといえば、不安ばかりが頭をよぎる不安定な状態にいます。来シーズンのこと、肩のけがのこと、大学のこと、そしてプレゼンやマネージメントのこと。

その不安を隠すかのように全力で突っ走っていました。後を振り向くことはせず、足元を確認することもなく、とにかく前だけを向いて突っ走っていました。

そのことで、ひとを傷付け、大事なひとを泣かせてしまいました。

相手を泣かせるまで追い詰め、相手の涙を見なければ何も感じなくなっていた自分に、大きな憤りと不甲斐なさを感じています。

自分がどんなに感謝の気持ちを表現してもそれは形だけのものであって、その気持ちを100パーセント伝えるにはやはりメジャーに行くことしかないんだということに大きなプレッシャーも感じています。

今年一年をしめくくる前に、人として、野球選手として、このような大事なことに気づけて良かったと思います。

ぼくがメジャーに挑戦する中で、楽しいこと、嬉しいことはたくさんあります。でも、それ以上に辛いこと、苦しいこと、泣きたくなるようなことばかりです。

でも、メジャーに上がるまでは絶対に涙を見せないと心に誓っています。もう一度足元を確認して、また来年再出発してがんばろうと思います。

みなさんにとっても最高の2008年になりますように!

|

« Bring on the Elites | トップページ | Coming Soon »

コメント

大学時代の先輩が言ってた言葉です。

上を見すぎたら踏み外す。
だから、現時点の自分自身を過大評価したらあかんよ。
常に謙虚であること。
常に初心を忘れないこと。

なくなった祖父の言葉です。
常に平常心でいること。

今の君はマウンドでどうしようかどうか考えてしまいすぎると思う。
考えるな!感じろ!難しいことやけどね。

2008年、素晴らしい年にしようぜ!
俺も頑張るわ!

投稿: シマルーヒ | 2008年1月 3日 (木) 20時10分

いつもありがとうございます。
次回会うときは、成長した自分が見せられると思います。期待していて下さい!

投稿: Yoh | 2008年1月 4日 (金) 00時24分

この記事へのコメントは終了しました。

« Bring on the Elites | トップページ | Coming Soon »