« Big Daddy | トップページ | Take it easy »

2008年2月27日 (水)

Future Boyz. 2

200802191346000 先日、ぼくのもとに1通のメールが届きました。内容は、「もし良ければ自分のピッチングを見てほしい。」というものでした。

ぼくは、最初半信半疑でこのメールを読み、顔も名前も性格も知らない相手にとりあえず返信しました。「もちろん、かまわないよ。」という短い内容です。

彼は、当初メールの中で話が二転三転し、「行く!」と言ってはあきらめたり、「自信がある!」と言っては消極的になったりとまるで野球への思いは感じられませんでした。

しかし、ぼくが渡米を控えており時間がないことを伝えると、彼は最初のメールからわずか1週間で旅の支度をし、2週間後にはぼくの住む海老名市へやってきました。

彼の名前は、佐々木勇太。現在も高校に在学する18歳の若者です。北海道の最北端に程近い枝幸市から1日かけてやってきました。

最初、彼の姿を見たとき、ぼくは彼に希望の光を見ることはできませんでした。

不安を隠せず背中を丸めてベンチに腰掛け、声をかけても笑顔はなく終止うつむきかげんでぼくの質問に答えるだけの彼は、夢を追いかける若者の姿とはかけ離れたように見えたからです。

彼が、数いるアメリカ野球経験者からぼくを選んだ理由は、ただひとつだと思います。それは、彼がぼくと同じようにエリートコースを外れ、ハンデを背負って生きているからです。

彼は、身長165cmで体重は90kg、誰が見てもスカウトが好む体格ではありません。

また、雪国北海道のさらに北部の田舎町出身ということもあり、高校では部員不足から野球部が廃部、これまでに実践での登板経験は1度もありません。

性格もおとなしく控えめなタイプで、人当たりがよく起用に人生を歩んで行くタイプの人間ではありません。

しかし、一度ボールを握りセットポジションに入ると彼の顔つきは変わり、自分の思いを精一杯ボールにのせてぼくのかまえるミット目がけて勢い良くボールを放り込んできました。

正直、スピードは120km中盤、球数も17球投げるのが精一杯のスタミナで決して褒められた実力ではありません。コントロールも定まらず暴投ばかりで、ストライクが来たのはわずかに1球でした。

でも、ぼくは彼が投げた最初の1球で彼に可能性を感じました。このまま鍛えて行けば、アメリカでプロのマウンドに立てるかもしれないと直感しました。

足を顔の高さまで大きく振り上げ、太った体に隠れるようにして出てくるリリースポイント、そこからくる癖のあるストレートは、個性を尊重するアメリカ野球においてもっとも大きな武器になります。

逆に言えば、一度もピッチャーとしてマウンドに上がることなく、充実したトレーニング環境もない状態であの球が投げれることは、充分賞賛に値するのかもしれません。

世界には、たくさんの野球があります。たくさんの人種が暮らしていて、そこにはいろいろな文化や価値観があります。

ぼくも、彼も、日本では野球を楽しんで続けて行く環境がありませんでした。恵まれた体格も生まれつきの大きな才能もなく、また器用に人生を歩んで行くこともできず完全にエリートコースから外れました。

そんなぼくたちがアメリカに渡れば、今より多くのハンデを抱えることになります。アメリカへ渡ることは、その逃げ道ではないんです。

ぼくの周りにも、アメリカへ渡ればチャンスは広がると思い込んでアメリカでやってみたいと簡単に口にする人は数多くいます。

しかし、そのチャンスをものにするには今まで以上に莫大な努力が必要です。こんなに偉そうに語っているぼくでさえ、まだこれっぽっちのチャンスも掴んではいません。

ただ、アメリカ野球に挑戦したこの3シーズンで、夢を持ち続けていれば、絶対にあきらめずに挑戦し続けていれば、チャンスをものにできるかもしれないと感じています。

アメリカには、少なくとも野球界においては、日本以上に多くのチャンスが転がっていることもまた事実です。

彼は、先日ぼくにメールを送ってきて、枝幸からこちらへ引っ越してくると具合的な日程や計画を明らかにしてきました。

自分の思いを口にすることもできず、口だけで行動に移すこともできない人間が数多くいる中で、彼の行動力は賞賛に値します。

これからも、もっともっと努力を重ね、アメリカの野球に挑戦する決意があるのなら、ぼくも最大限その挑戦をサポートします。

また、会える日を楽しみにしていますので、これからもお互いがんばりましょう!

|

« Big Daddy | トップページ | Take it easy »

コメント

はい。僕も一緒に練習できる日を楽しみにしています。
夏に向けて、絶好調に出来るように頑張りたいと思います。
まだまだダメな部分、むしろ最初はダメな部分しか無いかもしれませんが、どうぞ指導のほどをよろしくお願いします。

投稿: 勇太 | 2008年2月27日 (水) 14時56分

お久しぶりです!佐々木さんって行動力のある方ですね北海道出身ですか・・・僕も道産子なので親近感が沸きいてきます。それに年が18歳ってことはすごく刺激になります。是非、夢を叶えてほしいです。僕は今年の春と夏の大会で高校引退します。夢はもちろん甲子園です。頑張ります。ケガには気をつけてほしい。落合さんも早く肩の痛みが取れるといいですね。それでは

投稿: Sho | 2008年2月28日 (木) 21時49分

お久しぶりです。応援ありがとう!
彼の話を聞いて、北海道で1年中野球をやることがどれだけ大変なことか、今回初めて知りました。
そういう意味では、同じ北海道出身のSho君もいろいろと苦労したと思います。
でも、君たちは北海道出身であることを誇りに思っているでしょうし、ぼくらにはできないすばらしい経験をたくさんしていると思います。
そんな経験をとおして築き上げた技術や精神力、夢への情熱を思う存分発揮して、ぜひ今年の夏は甲子園で暴れまわってください。
Sho君のことを応援していますので、ぜひ良い結果を聞かせてください!がんばれ!!

投稿: Yoh | 2008年2月29日 (金) 01時23分

この記事へのコメントは終了しました。

« Big Daddy | トップページ | Take it easy »