« Future Boyz. 2 | トップページ | Who`s Nuts »

2008年3月 6日 (木)

Take it easy

Dscn1852 先日から何度もお伝えしているとおり、今ぼくの肩は絶不調です。

これはこれで、今まで目を背けてきた課題を克服する良い機会だと思い前向きにとらえ日々練習に励んでいますが、先々週あたりから投げ方を微妙に調整したせいか首が痛くなり、今週末には腰近くの背筋を痛めてしまいついに動けなくなってしまいました‥。

ここに来て3日間の休養です。久々の休養だったので、ゆっくりDVDを見たり、かかりつけの接骨院で見てもらったり、トレーナーにストレッチをしてもらったりして明日からまた練習が再開できそうです。

こんなにみっともないお話ししかできないことは本当に情けないことなのですが、ここまでリズムが悪くなると、正直自分が悪循環のど真ん中にいることも忘れてしまうぐらいのん気に日々過ごしています。

もちろん、マイナーのシーズンインも近づいており、トライアウトはもうすぐ真近に迫っています。焦らず急ピッチに調整を進めなければいけないのに、焦る気力もありません。

最近、ふと思ったのですが、ケガをすることってもしかしたら精神的な原因が大きく影響しているのかもしれません。

最近のぼくは、肩の痛みの原因を探るべく、筋力が足りないだの、ピッチングフォームが悪いだの、トレーニング方法が間違っているだの、外的な要素ばかりに目を向け医学書を読みあさってまで原因をつきとめようとしていました。

もちろん、多くの方々にアドバイスをもらいたくさんのきっかけを頂きましたが、そこからは自分自身の仕事です。

本当にみなさん愛情たっぷりの助言をしてくれますが、これでもかってぐらい意見が食い違います。職業、経歴、経験、信念を充分兼ねそろえた人物は豊かな表現方法を持っていますから、食い違っていると聞こえること自体ぼくだけなのかもしれません。

そうやってまた考え込んで迷路に迷い込む前に、接骨院の先生に言われました。「野球を始めたころのように、思うがままにボールを投げてみな!それが以外に、一番の解決策かもしれないよ。」

確かに、そうかもしれません。筋力トレーニングも、フォームチェックも、チューブトレーニングも、メンタルトレーニングも、栄養コントロールも、何にもしなくたって子供たちは元気に毎日ボールをおもいきり投げられるんですもんね!

昨シーズンの終わりに打ち込まれて帰国したせいで、ものすごく高いモチベーションとともにオフシーズンを突っ走ってきました。

そんなときこそゆっくりと、息抜きしながら山を登るのも大事なことかもしれません。タイムリミットに追われる毎日のなかではなかなか勇気がいることではありますが、そういった余裕もまた着実に足を進める大きな鍵になるのかなと感じています。

もちろん、日が暮れないうちに‥‥。

|

« Future Boyz. 2 | トップページ | Who`s Nuts »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。