« Next target is... | トップページ | Girls,Play Baseball!! »

2008年5月24日 (土)

A Day with Robinson

Dscn9041 今日は、小学校時代のクラス会に出席してきました。

あらためて、あの先生の偉大さ、人生の中で彼に出会えたことのすばらしさを実感しました。

ぼくは、小学校のときから「教師」という存在が大嫌いでした。年齢が上だというだけで、人生の先輩であるというだけで、偉そうなことを語る存在に疑問を感じていました。

教壇の上からぼくらを見下ろすあの独裁者のような人間を見るのが嫌いで、中学・高校時代の先生はいつも伏し目がちなぼくをしかりつけていました。

また、中学時代は野球に没頭し運動会も修学旅行も欠席、高校時代は何度も学校をさぼり部活もまともに出席せず、お前には推薦できる進路はないと言われました。

だから、ぼくには未だに連絡を取り合う仲間も、恩師と言える先生も、野球での指導者も、誰ひとりいません。

自分自身で、その出会いを、そのチャンスを逃してきました。

でも、今日感じました。6・3・3・2・6年の未だに続く長い長い学生生活の中で、一番楽しく一番記憶に残る年は、あの先生とその仲間と過ごした2年間です。

正直、今日行くまでは、誰がクラスメイトだったか、名前も顔もほとんど覚えていませんでしたし、当時のぼくは先生に給食を叩きつけたり、バスケットボールを投げつけたりしてとにかく反抗的だったので何を言われるか心配でした。

でも、先生は「あんなガキんちょがすることなんて大したことないよ」と笑って許してくれたし、何よりもぼくに話しかけてくれたことが一番嬉しかったです。

その後の卒業生の話も聞いて、ぼくらが卒業した後もみんなに愛されていた先生の最初の卒業生でいれたことを本当に誇りに思います。

今さら何言ってんだと思うかもしれませんが、もう一度あのメンバーで先生の授業を受けたいと思っていたのは、おそらくぼくだけかもしれません。

先生のギターを弾く姿とか、体育の時間に俊足を見せつける姿とか、怒っているところとか、もう一度この目で見てみたいと本気で思いました。

それこそ、ひとり“ルイスと未来泥棒”状態です。本当にぼくの学生時代はバカで未熟なガキんちょでした。

今日13年振りにみんなと会って、今まで忘れかけていたあの当時の思い出がみるみるよみがえって来るのを感じました。

最近、野球で調子を崩し落ち込んでいた気持ちが、みんなの笑顔や活躍を聞いて一気にエナジーチャージされました。

早くメジャーに上がってみんなを呼ぶ!もう何人呼んで良いかわからなくなってきましたが、とにかく全員呼びます。

この時期国内にいることは、アメリカで野球をやる人間にとっては不名誉なことではありますが、次回会う日を楽しみにしながら胸を張ってまた再会できるよう頑張りたいと思います。

また、ぼくを含めみんなに声をかけてくれた幹事のヤツがいなければこの会は開催されませんでした。毎回、本当に感謝しています。

やっぱり、太陽は、いつまでも光輝き続けるんですねー。

|

« Next target is... | トップページ | Girls,Play Baseball!! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。