« A Day with Robinson | トップページ | Chairman Cho »

2008年5月26日 (月)

Girls,Play Baseball!!

Pic_0005 野球を通じて、また新たな出会いを頂きました。

今日いっしょに練習することになったのは平成生まれの“現役女子高生”。もちろん野球選手です。

日本国憲法で「法の下の平等」が叫ばれてから61年、法学部に6年間在籍しながら大きな過ちを犯してしまいました。

先日、お父様から連絡を頂いたとき、迷うことなくその電話の主が今回の練習相手だと思い込み、相手の事情を聞くことなくしばらく話を続けてしまいました。

とても失礼なことをしてしまったと反省しています。

もちろん、野球をやることに、野球を楽しむことに、野球を愛することに、性別は関係ありません。

アメリカ野球に挑戦することも、大男相手にマウンドに上がることも、情熱があれば男も女も関係ないはずです。

仮に、そんな古臭いルールがあればぶち壊してやれば良い!野球は、野球を愛するみんなのものです!そうであってほしい‥。

彼女のポジションは“ピッチャー”です。東京都にある社会人クラブチームに所属し練習に励んでいますが、試合には出場できないそうです。

ぼくも、去年2ヶ月間、Florenceで練習生として試合に出れない日々を経験しました。

毎日一生懸命練習しているのにマウンドには上がれない。チームの一員であるのに同じユニフォームは着れない。そんな悔しさを痛いほど味わってきました。

おそらく、今の彼女も同じ気持ちだと思います。生まれながらにして持った体格差があり、古臭いルールに縛られて試合にも出れない。

実際にそういう環境の中にいれば、モチベーションを維持することはぼくらが想像する以上に難しいことなのかもしれません。

夢をもって、目標をさだめ、情熱とともに野球を続けるには、彼女にとってあまりにも過酷な状況なのかもしれません。

だから、ぼくは夢を押し売りするつもりはありません。野球を続けることがすべての人にとって正解ではないし、メジャーに行くこと、プロになることが必ずしも成功ではありません。

でも、もし彼女が、本気で野球が好きなら、本気で野球が上手くなりたいなら、そして1度でも良いからアメリカのマウンドに立ってみたいと思うなら、ぼくは最大限彼女を手助けします。

彼女にとって今一番大切なことは、絶対にあきらめずにボールを投げ続けることだとぼくは思います。

一瞬でもボールを置いたら、もう今のような夢は語れなくなってしまうんじゃないかと思います。野球も離れて行ってしまいそうな気がします。

でも、野球の話をしているときのあの楽しそうな表情を見ていたら、それは絶対にしてはいけないことだと感じました。

野球に携わる者として、野球を愛する者として、ひとりでも多くの人にチャンスを与えたい。ぼくにできることは本当に些細なことですが、それがぼくの本心です。

夢に対しても野球に対してもまだまだあどけなさが残る彼女でしたが、それでも「男にまじってやりたい」という決意は揺るぎないものを感じました。

本人はまだまだこんなものじゃないと言っていますが、今の環境や体格差を考慮すれば、現段階ではなかなかの球だったんじゃないかと思います。

もちろん、“充分”ではありませんが、ぼくらといっしょに練習し、良い環境の下で刺激を受ければ、もっともっと良い球が放れるだけの伸びしろは充分にあります。

今や、野球は男だけのスポーツではなくなりました。女の子であっても、子供でも大人でも、おじいちゃんやおばあちゃんでも、誰でも楽しめるスポーツです。

これからも、ENJOY BASEBALL!!で野球界を盛り上げて行きましょう!そして、“PLAY BALL!!”は「みんな」のあいことば!!

|

« A Day with Robinson | トップページ | Chairman Cho »

コメント

はいはい。また始まったよ悪い癖が・・・

投稿: tetsurou | 2008年5月26日 (月) 08時27分

また仲間が増えたね~☆

投稿: daisuke ikenaga | 2008年6月18日 (水) 12時54分

コメントありがとうございます。
元気でやってますか?ケガはいかがですか?

がんばってください!ぼくも近いうちに行きます!

投稿: Yoh | 2008年6月21日 (土) 01時19分

この記事へのコメントは終了しました。

« A Day with Robinson | トップページ | Chairman Cho »