« Don`t Rush! Keep Cool!! | トップページ | Two More »

2008年10月19日 (日)

Good job!kids

Img_0007 今日は、地元海老名市の少年野球チームが今年最後の公式戦を迎えたので、日ごろ一緒に練習をする2チームの応援に行ってきました。

結果的には、両チームとも負けてしまいましたが、みんな一生懸命ボールを追いかけすばらしい試合を見せてくれました。

これで少年野球を引退する6年生の中には、涙を浮かべる選手や寂しそうな顔をする選手もいましたが、まだまだ彼らの野球人生は始まったばかりです。

少年野球は、すべての野球選手にとって、初めて本当の野球と出会った原点の場所。

お父さんとのキャッチボールから、野球という競技へ、不安と期待に胸膨らませながら初めてユニフォームに袖を通した最初のチャレンジです。

確かに、負けたのは悔しい。どんなに綺麗ごとを言っても、勝たなきゃ意味がないと感じる人もいるかもしれない。

でも、みんながこれからもずっと大好きな野球を続けて行けば、今度はどんな境遇の人間でも、どんなスタートラインから這い上がってきたとしても、どんなに一生懸命努力しても、結果を出さなければ評価されない時がやってくる。

だから、まだ、今はちょっとだけ後を振り返ってみて、一生懸命やった、大変だったけど楽しかったと言えるなら、それで充分“勝利”に値する価値はあると思います。

だから、これからもずっと野球を続けて行ってください。どんなレベルでも良いし、どんな形でも良い、でも、「絶対にユニフォームは脱がない」これだけは誓ってほしい。

最近は、いろんなスポーツ、娯楽、ゲームが山ほど溢れる時代になりました。確かに、目移りするものはたくさんあります。

でも、ユニフォームを脱いだら可能性はゼロになります。

プロ野球選手への夢、甲子園への夢、野球がもっと上手くなりたいという願い、すべてが叶わぬものになってしまいます。

例え、生まれつきの才能がなくても、例え、恵まれた体格がなくても、ユニフォームを着ていれば可能性は常にあります。

それは、例えば、桑田選手とか清原選手とか誰もが知っているスーパースターでも、引退したら、彼らにはもう野球選手として夢をかなえる可能性はありません。

まだまだ、こんなに若いうちから可能性をなくしてしまうのは早すぎます。

今日の悔しさをバネに、今度は中学へ行って、また新たな舞台で野球を楽しんでください。

|

« Don`t Rush! Keep Cool!! | トップページ | Two More »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。