« Since Last Spring | トップページ | Left the Team »

2008年11月25日 (火)

The Knack

Cimg8148_320 今日は、2週間振りに、樗木トレーナーに練習を見てもらいました。

本当に、いつもたくさん勉強させてもらっています。

毎回、トレーニングを見てもらい施術をしてもらうたびに、自分の体が変わって行くのがよくわかり、また、新たな知識もたくさん頂き、本当に感謝しています。

今日は、この3連休で、キャッチボールをはじめ、中・短距離の走りこみ(通称:三沢ラン)やアウターの筋力トレーニングを強化したため、かなりの筋肉痛と疲労感がありました。

また、先日の投げ込みで右側の背筋を捻挫し、走りこみでも右足の脛に再び痛みが出たため、至急全体的な機能改善と体の使い方を再確認する必要がありました。

そして、案の定、ここ最近ではいつになく筋肉が固まり、関節の動きも非常に悪かったです‥。

最近は、リハビリでのストレッチのセット数が少し減っていることに気づきながら、外のトレーニングに気が向きすぎていたので、その点も反省しなければなりません。

そこで、今日は、樗木トレーナー自らが体験して習得した「体の負担を無くすコツ」、ピッチングで言えば「肩や肘の負担を限りなくゼロにするコツ」を教えてもらいました。

このコツを身につけることで、彼は普通の会社員であるのに毎日30km、ときにはフルマラソンよりも長い50kmを簡単に走りきり、その後ジムでウェイトトレーニングまでこなしてしまうそうです。

もちろん、一晩でできるようになるものではありませんが、一言で言うなら「拇指球と踵からの発進で胸を大きく開く」といった感じでしょうか?

それから、今日は、野球肩や野球肘を事前にチェックし、機能改善で予防する、横浜南共済病院のドクターが書いた記事のコピーを頂きました。

帰りの電車の中でしっかりと目を通したのですが、ケガについてはもちろん、病院との付き合い方からリハビリの取り組み方まで、今のぼくには必要不可欠な要素がたくさん詰まっていたので、とても勉強になりました。

「手術は最後の最後でいい。一流の選手であれば、まったくの“きれいな肩”というのはほとんどない。しかし、使い方次第でよい働きをしてくれる。」という言葉がとても印象的でした。

この言葉を胸に刻み、最近失いかけていた“希望”を取り戻し、またマウンドに立てるよう、リハビリに精進して行きます。

|

« Since Last Spring | トップページ | Left the Team »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。