« Welcome Back | トップページ | Retire ♯24 from Baseball »

2009年2月27日 (金)

My Way

Img_0618_512 肩痛を克服するために試行錯誤してきた1年3ヶ月の集大成は、打者2人と対戦して無念の降板となりました。

これで、ぼくのArizona Winter Leagueは幕を下ろしました。

こちらに来てから、できることはすべてやりました。

走り込み、チューブトレーニング、アイシング、ストレッチ、針、テーピング、フォームチェック、メンタルトレーニング、栄養管理、やるべきことはすべてやりました。

でも、ぼくの肩は言うことを聞いてはくれませんでした。

今日は、シーズン最後のゲームだったので、最後にマウンドに上がり絶対に文句なしのピッチングでマウンドを降りようと心に決めていました。

そうすれば、まだチャンスはあると信じていたからです。

でも、やはりマウンドではごまかしはききません。

球も走っていないし、投げ方も本来のものではありませんでした。

長い間、ぼくのピッチングを信じてくれた監督には、それが人目でわかったんだと思います。

投球練習中も、一人目の打者と対戦したあとも、何度もダッグアウトから「大丈夫か?大丈夫か?」と聞かれてしまい、その都度「大丈夫だ。」と返していました。

今日の試合は接戦だったので、もちろん試合をぶち壊して監督やチームに迷惑を掛けたくないという思いはありました。

でも、ここまで来て、自ら最後のチャンスを放棄するということだけは絶対にできませんでした。

でも、二人目が終わったところで、見かねた監督がマウンドに来ました。

そして、「正直に言ってくれ、もう二度とボールが投げれなくなっても良いのか?」と言われました。

そこで、やっと我に返り、監督にボールを渡して自らマウンドを降りました。

これで終わったなという思いと、何もできなかったという悔しさで、冷静さを失ってしまいました。

そしたら、また見かねた監督がぼくのもとに駆け寄り、こんな話をしてくれました。

「おれは、12年間の現役生活で7回も肩や肘を手術している。だから、お前の気持ちはよくわかる。」

「おれは、お前のピッチングをよく理解しているし、おまえの球には可能性がある。」

「だから、今ここで無理をして自分の肩を壊すべきではない。」

「来年、もう一度このリーグでプレーするチャンスを与えてやるから、それを目標にしてしっかり日本で治療して来い。」

「そして、もう一度おまえのピッチングを見せてやれ!」

監督が、ぼくの生まれた1982年のドラフトで、全体の第1位で指名され全米でもっとも注目された選手であったことは知っていました。

しかし、そんな辛い経験をしているとは知りませんでした。

帰りのバンの中では、いろいろと考えました。

「これまで1年3ヶ月、そしてまた1年、次来るときは28歳を間じかにしている。」

「なんで、そこまでしてマウンドに上がるんだろう?なんで、そこまでして野球を続けるんだろう?」

でも、やはり、答えはだた一つ、“それが自分らしく生きる唯一の方法だから”。

サラリーマンでリストラされたり、交通事故で腕を失ったりしたら一生後悔するかもしれないけど、野球を続けて一文無しになっても、マウンドに上がり続けて腕も失うことになっても絶対に後悔しない自信がある。

今回も、まったく後悔はしていない。

でも、悔いは山ほどあります。

辛いこと、上手く行かないことばかりで、やりたいこと、やるべきことはなにもできませんでした。

だから、やはり、悔いは残ります。

今は、この記事を書きながら、肩、捻挫した足首、そしてそれらをかばおうとした腰に激痛が走り、もう身動きが取れません。

体のSOSを無視し続けた結果です。

今後は、少しグラウンドから離れて、思い切って野球のことは忘れて、思いっきり気晴らしして、治療に専念するのも一つの方法かなと思います。

今回、遠く日本から応援してくださったみなさんには、本当に感謝しています。

無事と言っていいのかどうかわかりませんが、最後まで戦い続けることができました。

やはり、このお守りは最高です!

|

« Welcome Back | トップページ | Retire ♯24 from Baseball »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。