« Come Again | トップページ | Protect me from High Helthcare Expenses »

2009年7月28日 (火)

Beach Boys

Img_1155_400 最近、朝起きてすぐにロードワークへ出かけることを日課としている。

地元「海老名」の町から近隣の町まで、住み慣れた土地を駆け抜けるのはそれはそれでおもしろい。

おかげで、バイト先の仲間からは、「いたる所に“出没”する」と熊のような扱いを受けている。

ピッチャーである前に一人の人間として、歩く・走ることはすべての運動の始まりである。

走ることを理解して初めて、ぼくはマウンドの意味や投球フォームを理解できると思っている。

しかし、樗木さんとのトレーニングで経験したTokyo City Tourを通じて、知らない土地を走ることの楽しさも初めて知った。

フリーエージェントの期間が多いぼくにとって、モチベーションの維持は何よりも大切な要素である。

チームに所属していれば、それはそれで不自由な点も多いが、「行かなければいけない、やらなければいけない」という強制力が辛い練習から逃げない大きな動機となることも事実である。

ぼくのような立場にあると、自分のやるべきことだけをやればいいので、誰からも強制されない分いつでも簡単に辛い練習から逃げることができる。

誰に注意されるわけでもなく、誰かに責任を負うわけでもないので、調子が悪いとか暑いとか、そういう些細な理由でトレーニングを怠る選手を山ほど見てきた。

その点、ぼくは、オーバーワークが大の得意分野であるほど心と体を辛い練習に向けるのが得意なので、それがぼくの“Never Give Up”精神を支えていると言っても過言ではない。

ただ、そうは言っても、常に“工夫”をしていないとまんねりや飽きにつながるので、毎週火曜日は「海の日」と勝手に名付けることにした。

近くに住む親せきの家を利用して、火曜日は江ノ島の海岸沿いを走ったり、リハビリしたりして、トレーニングと気分転換を兼ねることにした。

今日は、1時間ほどビーチや江ノ島を走ったあと、1時間半かけて丹念に「三沢さんストレッチ」を行い、その後手術して以来初めての「三沢さんラン」も再開した。

ここ数日で、三沢さんストレッチは早くも効果を発揮しているし、そのことで腕を大きく振る中・短距離の三沢さんランも行えるようになった。

その後は、超辛いと子どもたちにも評判の「樗木さん腹筋」も行い、4時間みっちり汗を流したら最後は少し気持ち悪くなり、おまけに首を痛めてしまった。

初めて夏の海を体験し、初めて海の家を見て、テレビで見たことのある風景についテンションが上がり、調子に乗ってしまったことを反省している。

ただ、ちょっとした工夫で、辛い練習をいくらでも楽しくすることができる。

そんなテクニックを子どもたちにも教えて行けたら、もう少し彼らの家での過ごし方が変わるかもしれない。

|

« Come Again | トップページ | Protect me from High Helthcare Expenses »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。