« Even Now | トップページ | Pitcher`s Mound »

2009年8月23日 (日)

The Last Act

Img_0150_400 リハビリは、いよいよ大詰めを迎えてきた。

肩は、もうグルグル回せるようになったし、シャドウピッチングも完全ではないができるようになってきた。

あとは、外旋筋の柔軟性が完全に戻れば、投球再開がいよいよ現実的となる。

これがまだ不十分であると、投球中の「しなり」の部分が思うようにできず、ぎこちなさや痛みが生じる。

ボールの負荷がさらにかかれば、肩へのダメージや今後の弊害が大きく増えることが予想されるため、これが完全に戻るまでは無理をしないよう心がけている。

今、やるべきことは、与えられたリハビリメニューをとにかく毎日こなすこと。

非常に多くの時間を費やすが、やればやるだけの効果と手応えを確実に感じているので、毎日必死に時間をやり繰りして復帰に向けて少しずつ前進している。

やはり、練習には、辛いメニューであれ地味なメニューであれ、その目的と効果をしっかりと伝えることが大切だとあらためて感じている。

子どもの指導においては、とくに大切にしている部分でもある。

ぼくが与えるメニューは決して楽ではないが、いじめでやっているとか、野球をやらされているとか、そういうふうに思ってほしくない。

実際、ぼく自身がそういう誤解をして、つまらない学生野球人生を歩んだしまったという後悔が今もあるからである。

その練習の目的とやるだけの効果を目で見えるかたちでぼくが示せば、彼らは自主的にその練習と向き合い、積極的にそれをやろうとする。

今日も、「高校へ行くまでにココとココの課題を克服したい!」と特連を志願してきた選手がいた。

ぼくが彼に初めて話をしてからその言葉が出るまで2ヵ月を要したが、自らその言葉を口にしたことに彼の成長とやる気を感じた。

また、2ヵ月という短い間ではあるが、自分の考える“野球観”と今までやってきたことが無駄ではなかったかなと少し感じることができた。

実は、いよいよリハビリが大詰めを迎えたことで、そろそろ自分自身の本格的なトレーニングに戻らなければいけないという時期に差しかかっている。

そのため、週2回の指導を週1回にし、日曜日は欠席の届を出しているが、結局子どもたちと野球ができる楽しさが忘れられず、帰るころには「あしたもお願いします!」と言って帰ってきてしまう自分がいる。

当初は、“臨時”というかたちで引き受けたピッチングコーチだが、今は主に担当している「1年生ピッチャー陣」の成長した姿を見たいという気持ちも日に日に高まっている。

次回のシーズンインは、年明けすぐ。その1~2ヵ月前には渡米して、現地で調整できないかというプランも具体的に検討している。

どちらも中途半端というかたちだけは絶対にしたくないので、しっかりと決意をかため早い時期に決断していきたい。

|

« Even Now | トップページ | Pitcher`s Mound »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。