« Run For The DREAM | トップページ | It`s about the TIME »

2009年9月25日 (金)

One For You, One For Me

Img_1266_320 この連休は、3日で9試合という多忙なスケジュールの中で、自分のトレーニングは少し軽めにして、コーチ業に専念しました。

この時期の子どもたちにおいては、“結果”や“成績”というものはあまり意味をなさないものですが、6勝2敗1分という成績には、偶然ではない何かを感じています。

来月末に開かれる公式戦に向け、さらなる成長を期待したいと思います。

ただ、ぼくの成長なくして彼らの成長はありません。

肩の調子は、お陰さまで日々上昇していますが、体の方はまだまだこれからやるべきことがたくさんあります。

きのうのマラソンでも、中学1年生を相手に本気で勝負しましたが、真ん中ちょい下ぐらいに入るのがやっとでした。

涼しい顔で走る子どもたちを横目に必死で歯を食いしばり食らいついて行きましたが、最後は信号待ちの間に追いつかれ、離されてしまいました。

日頃の練習の中で、「最後まで全力」「ラストスパートの精神」を常に与えていたので、この時ばかりは少し後悔しました。

信号さえなければ、絶対ぼくが勝っていたのに‥。笑

先日の三沢さんの往診では、4種目を追加し、時間もさらに延長してリハビリメニューの強化をして頂きました。

いよいよ、本当にいよいよ、キャッチボール再開へのカウントダウンが始まりました。

泣いても笑っても、あと1ヵ月以内にキャッチボールを再開します。

右手が完全に外旋されればそれが一番の理想ですが、完全に外旋されなくても、その問題を探るために1ヵ月以内にキャッチボールを再開します。

これまで、コツコツ積み重ねてきたリハビリは、来月で7ヶ月目に入ります。

手術前は、3ヵ月で試合に復帰した人もいると聞かされていたので、それを考えるとこの6ヵ月は非常に長く感じます。

ただ、だからこそ、「最初の1球」へのこだわりが日々強くなってきました。

「最初の1球から、130km、140kmの球が投げたい」、「そのぐらいの仕上がりでマウンドに上がりたい」、そんな気持ちが強くなってきました。

この肩には、多くの方々のサポート、心配や応援の声、先生方の経験や知識、さまざまなものが込められています。

そして、何よりも、ぼくの気持は、手術前も後も何ひとつ変わることなくこの肩にたっぷり込められています。

これからも子どもたちと競争しながら、彼らを育てて自分も成長し、どちらが先に“夢”を掴むか、全力で勝負して行きます!

|

« Run For The DREAM | トップページ | It`s about the TIME »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。