« Use failures to learn | トップページ | For The Time Being »

2009年10月29日 (木)

Smile

Img_1319_400 きのう、約2ヵ月ぶりに、三沢さんの往診を受けました。

それより少し前に、調子の悪かったころの状態を電話で相談しメニューを変更していたので、その変更が“吉”と出て、また調子は上向いてきました。

もう新たなメニューを加えることもなく、診察もかつてないほど早く終わり、何よりも三沢さんの安心した表情が印象的でした。

ひとえに、これは、三沢さんの「最低ライン」を越えたということを意味します。

また、それと同時に、あとは自分自身で感じ、解決し、対話して行きなさいという意味でもあるとぼくは解釈しています。

あとは、GOサインを待つのみではなく、GOサインを出すのみ。

やはり、ピッチングにおいてもリハビリにおいても、「サインは出されるものではなく、投げたい球を投げる」、ぼくが常に子どもたちに教えていることです。

投げたくないのに首を振らない、迷いがあるのにそのまま投げる、そういう球は十中八九打たれることをこれまでの経験で痛感させられています。

これだけ洗練されたリハビリのお陰で、恐怖心や不安は一切ありません。

三沢さんにも、お前のこだわりを貫き通せと背中を押してもらいました。

こだわりとは、すなわち「1球目から全力」。様子見で大事な1球を投じるなんて絶対にしたくありません。

全力とは、「出せる限りの力」、そう辞書には書いてあります。

しかし、ぼくの辞書には、全力とは「持っている限りの力」、そう書きたいと思います。

出し惜しみなんて言葉は、絶対にぼくの辞書にはありません。

その字のごとく、持っている限りの力をもって最初の1球を投じたい。

そのこだわりは、今も着実に強くなっています。

確かに、調子が良いときもあれば悪いときもあるけど、ここまで来たんだから、今後がどうとか渡米がどうとか、そんなの一切抜きにして、納得するまでやり切ろうと決意はかたまりました。

「次会うときはグラウンドで!」、そう言って硬く握手をし、しっかりと頭を下げて車を見送りました。

最初のころと比べると、外はすっかり寒くなっていました。

春に始めたぼくのリハビリ生活は、まもなく冬を迎えます。

|

« Use failures to learn | トップページ | For The Time Being »

コメント

頑張ってください

投稿: | 2009年11月 4日 (水) 21時32分

この記事へのコメントは終了しました。

« Use failures to learn | トップページ | For The Time Being »