« No Foundation | トップページ | Fight for it! »

2009年11月27日 (金)

My Athlete’s House

Cimg5392_400 問題が起こる、悩む、助言を請う、解決する。

この繰り返しで、ぼくのリハビリは歩みを進めている。ゆっくりではあるが、着実に一歩一歩あゆみを進めている。

今回の問題は、先日のリハーサルで発見したテイクバックでの「しなり」。

上腕骨、とくに骨頭の動きが原因ではないかと強く感じていた。

上腕骨の不具合は、比較的初期の段階から気になっていたが、どんなメニューに取り組んでも結局最後まで消えなかった。

いろいろと考え新しいメニューを自分なりに追加してみたが、やはり根本的な解決には至らず、三沢さんの往診をお願いした。

深夜1時、ぼくのバイトが終わるのを待って、いつもの診察が始まった。

食事の時間もないほど患者さんを見てまわり、その後、弁当を食べながらぼくの相談にのる。

ぼくにとって、最高に貴重な時間であり有意義な時間。

住み慣れた我が家が、一瞬にして世界を目指すアスリートたちの練習場へと変わる。

「いつもの診察」と書かせてもらったが、これが当たり前だと思ったら、ぼくの野球人生は確実に終わると自覚している。

“感謝”の気持ちを忘れたら、この世界では生きて行けない。

自分ひとりで何でもやって行ける能力に恵まれなかったからこそ、人一倍この気持ちを持てる人間になれた。

そんな気持ちを格好良く語りたくなるぐらい、たった数日でぼくの肩は変わった。

生まれ変わったように調子がよくなり、ここ何ヵ月も忘れていた懐かしい感覚がよみがえってきた。

「次は、どんな問題が出てくるんだろう‥」と不安な気持ちもあるが、「次こそ行ける、次こそ投げれる」という期待もたくさんある。

「早く投げたい、何でもいいからボールを思いっきり投げたい」、はやる気持ちも強い。

ただ、あれこれ考えてもしょうがないことは、もう今までの経験で十分学んだ。

今、ぼくに必要なのは、『きのうは“昔”、あすは“謎”、大事なのは“今”』というぐらいの大胆さ。

|

« No Foundation | トップページ | Fight for it! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。