« Embodies | トップページ | Knock the Door »

2010年1月27日 (水)

Hope for it

Cimg0308_400 先日紹介した秘策は起死回生の一発にはなりませんでしたが、“雑用係”としての契約交渉は、今後の期待を維持しながら一段落となりました。

アメリカにいる恩師が、心当たりのある複数の球団に問い合わせをしてくれている最中で、積極的な回答をもらい次第ぼくに連絡をくれることになっています。

もちろん、ビザの取得に関しては、いつ返事をもらってもいいよう万全を期しています。

2005、2007と2度のビザ取得の経験を踏まえ、特に2007年は自らビザ取得のプロセスを経験したので、過去の資料を見返して当時の状況を思い返しています。

「ビザの取得ができなかったから契約できなかった」という言い訳は、もう終わりにしたい。

それが、ぼくの今の願いです。

2001年のアメリカ同時多発テロ以来、この言葉を何度も聞いてきました。

そして、このことが原因で、実力や情熱がありながらアメリカでのプレーを断念せざるを得なかった選手を何人も見てきました。

「ビザがなきゃだめ」「そんなんでビザが取れるわけがない」、そう決めつける人は未だに多くいますし、それが普通です。

でも、それじゃあいつまで経っても状況は変わらないし、これから海を渡る次の世代の子どもたちも、同じ挫折を繰り返すことになります。

それでは、ぼくたち先輩の意味がないし、ぼくたちの経験を持って彼らをサポートすることができません。

アメリカがそうであるように、「ぼくもテロには屈しない!」

ぼくが現役である内に、何か新しい道を作ってやる。その一心で、無事ビザが取得できると信じて、準備を進めています。

こんな小さなところにも、テロの影響は及んでいるんですね。

もちろん、メジャー契約でもできれば、こんな心配はまったくありません。ご心配なく!

|

« Embodies | トップページ | Knock the Door »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。