« Smile & Shine | トップページ | Welcome Home »

2010年3月 1日 (月)

Look for The Future

Dscn1362_400三沢さんから電話をもらうたびに、自分の力不足を痛感する。

三沢さんから電話をもらうたびに、ぼくの進路は軌道修正される。

ぼくの悪い癖は、どうしても先を見据えたプランニングができないこと。1ヵ月先、1年先、10年先にどうしたいか、それを見据えて今を生きることができない。

今を一生懸命生きることは自信をもってできる。目の前に立ちはだかる壁に立ち向かうことにも絶対の自信がある。

しかし、なぜか今やるべきことに集中しすぎて、先が見えなくなってしまう。

だから、一昨年、はじめて二人でミーティングをしたとき、ぼくのプランニングの一切を三沢さんに託した。

もちろん、ぼくもそうできるよう努力するけど、ぼくの挑戦はひとりで何とかなるというものでもないから、至らないところは三沢さんにお任せし、少しだけ甘えさせてもらうことにした。

だから、三沢さんから電話をもらうたびに、「またやってしまった‥。なんで気づかなかったんだろう‥。」と不甲斐なさを痛感する。

もう2年以上も、まともにシーズンに参加していない。あの炎天下、芝の匂い、マウンドの緊張感、どれも懐かしさすら感じられる。

だから、どうしても現場に戻りたい、はやく海を渡りたい、その気持ちが先行してしまう。

仲間の活躍を聞いて、テレビでニュースを見て、居ても立ってもいられなくなる。

“完治”させずに海を渡ることがどういうことか、どれだけのリスクがあるか、納得の行く説明はできなかった。

それだけ、今が恵まれた環境にある。そのことを忘れてはいけない。

そして、とにかく焦ってはいけない。何度も何度も言ってるけど、焦ってはいけない。焦ってはいけないんだ、絶対に‥。

まともに投げれるようになるには、あと2年はかかる。現状維持ではなく、パワーアップのために手術したんだから、そのぐらいは覚悟しなければならない。

今リハビリを見てくれている人たちにも、チーム探しに協力してくれている人たちにも、失礼のないよう責任をもって行動しなければいけない。

こんなところでは終われないんだから、今の感情だけに左右されずに、先を見据えた行動が今求められる。

|

« Smile & Shine | トップページ | Welcome Home »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。