« I am Back in Senior's | トップページ | Lunges, Lunges, Lunges »

2010年4月30日 (金)

The OVER/UNDER

Mov023mod_000045023_400 ぼくが掲げた今日のテーマは、ただ一つ。

「停滞期を抜け出せるか?それともこのままキープか??」

リハビリというのは地道な作業で、そのスピードは驚くほど遅い。

それに反して、三沢さんの指導は、治療においてもトレーニングにおいても急激な効果をもたらす。

日々の練習において、状態や痛みの把握はもちろんぼくの仕事である。

しかし、このまま良い状態をキープするか、それともそろそろ次のステップに進んで行くかの大事な判断は、彼にお任せしている。

結論から言うと、新たなアプローチを頂いた。「遠投」である。

今までせいぜい10mぐらいであったキャッチボールを20m、25mと伸ばして行く。

今のぼくにとっては、これでも充分遠投になる。

負荷の掛かり方も違うし、投球動作もより大きくダイナミックになる。

そうすれば、もっともっとテイクバックが大きくスムーズになって行くという。そして、それは今ぼくがもっとも望んでいることでもあった。

試しに、3~4球程度投げてみたが、1球目からその変化に気づき、体に抵抗感はまったくなく、むしろしっくりきた。

これが、彼のすごいところだと思う。

最後に、もう一つ大事なテーマを頂いた。

「トレーニングは限界まで、リハビリは限界の前で。」

すごく良い言葉だと思う。

トレーニングは“鍛える”、リハビリは“治療”するということを忘れてはいけない。

少しぐらいムリして体を痛めつけた方が効果のあるトレーニングと、絶対に痛みを出さないことが何よりの再発防止につながる治療。

このメリハリは、アスリートにとって非常に大切なことだ。

一歩間違えれば「オーバーワーク」、誤解すれば「アンダーワーク」。

これは選手の寿命、技術に大きく影響する。

もしかしたら、今の野球少年に足りない部分をこれで補えるかもしれないと思った。

しかし、その前にやるべきことがる。

選手として、自分の足りない部分を補ってから。。

|

« I am Back in Senior's | トップページ | Lunges, Lunges, Lunges »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。