« Welcome to Bullpen | トップページ | Snaps »

2010年9月20日 (月)

Bigger & Wider

201009191656361_400 まもなく、三沢トレーナーがヨーロッパへ渡るということで、急遽リハビリメニューの手直しをして頂きました。

ここのところ、肩周りや広背筋に激しい痛みを感じており、まともに投げれない日々が続いていたので、今日のテーマはその原因を診断して頂くことでした。

この痛みは、オーバースローだとまったく出ないのにサイドスローだと激しく痛む。

テンションが低いと出ないのにテンションを上げると痛む。

スナップを使わないと出ないのにスナップを利かすと痛む。

というように、フォームや力の入れ具合によって出方が変わってくるので、その原因を主観的に捉えるのはぼくにとって非常に難しいことでした。

ぼくの考えでは、手術で痛みが取り除かれ、術後の経過が順調であることから、本来の投げ方であるサイドスローのメカニクスに重大な欠陥があるのだと考えました。

仮に痛みがなかったとしても、ぼくの変則な投球フォームにはどうしても体が悲鳴を上げる無理な姿勢や角度があるのではないかということです。

一方、三沢さんの見解は、そんな問題のあるフォームには見えないということでした。

むしろ、手術前の方が、フォームがバラバラだったりバランスが悪かったり、不安定な投球をしていたということでした。

その後、四方からぼくの投球を観察する中で、テイクバックを大きく取るようアドバイスを受けました。

その瞬間、今までの激しい痛みがパタっと消えてしまいました。

自分で意識してテイクバックを大きく取ることはできるものの、あとで映像を見ても、その違いはまったく見分けがつきません。

また、スローで再生すると、あれだけ気になっていたリリースポイントでの「しなり」が、はっきりと見て取れるほど出ていたのにも驚きました。

やはり、彼は“神”の子です。

痛みを取ることに関しては、彼の右に出る者はいないでしょう。

これからこのアドバイスがどう成果として現れるか、こればっかりは人の力ではどうにもなりません。

自分自身のがんばりでこのアドバイスをものにし、自分にしかできないリハビリとして完成させる必要があります。

そして、その過程で肩がどう変化して行くか、これでいよいよ術後の違和感とサヨナラできるか、今からワクワクです。

|

« Welcome to Bullpen | トップページ | Snaps »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。