« Beyond The Hills | トップページ | BaseballSick »

2011年4月27日 (水)

Humans are Animals

Cimg7398_400 今回、渡米を見送った最大の原因は、上半身の筋力が戻らなかったことでした。

30球を投げたところで突如現れる疲労感と脱力感。

これでは、一発勝負に勝てても、長いシーズンには勝てません。

これまで一貫してやり通してきた本能を呼び覚ますトレーニングは、機械的なトレーニングマシンを必要としません。

とにかく、人間的で動物的な動きに従い、外からの圧力ではなく内からの信号によって筋肉を成長させてきました。

しかし、それにも限界があり、筋力の増加とともに物足りなさと成長の停滞が生まれてしまいます。

以前のぼくだったら、「やっぱりジムに行かなきゃだめかな?」と考えました。

すぐにプロテインとササミを買い、毎日ジムに通ってせっせとベンチプレスを持ち上げていたでしょう。

たしかに筋骨隆々の体も憧れますが、それがぼくのスタイルではないことは薄々気づいています。

それよりも、「おサルさんの上半身を鍛えろと言われたら、ラットプルダウンを一生懸命教えるかな‥?」

「手に重りをつけて、毎日の生活で高い木に登らせた方がよっぽど効率的で効果的なんじゃないか‥?」

そう言えば、“孫悟空”も神様のもとで修業をしていたとき、重いシャツとリストバンドをつけてトレーニングしていたように思います。

昔は、手や足に重りをつけるためのバンドが売られていましたが、最近はハイテクなトレーニングマシンに押されあまり使われているのを見掛けません。

ぼくも神の手“三沢”のもとで修業を積んでいますので、とりあえずできることは何でもやってみようとこれまで約1ヵ月新たなメニューを実践してきました。

ポイントは、ダイナミックを崩さずに適度な負荷を掛ける。結果は、とても良好です。

上半身に今までよりも力強さを感じますし、30球でヘコたれることもなくなりました。

まだまだ様子見ではありますが、「引き続き継続して行こう!」と体が信号を発しているような気がします。

|

« Beyond The Hills | トップページ | BaseballSick »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。