« Check it Out! | トップページ | Climb Up To The Top »

2011年6月11日 (土)

Unchanged

Cimg1956_400 結局、前回のブルペンピッチングで発症した痛みは、3週間以上に及びました。

顔を洗ったり、吊革につかまったり、何気ない日常生活にも支障が出るほどの痛みで、術後三沢さんの施術を受けて以来最大の痛みとなりました。

術前の痛みとかなり近く、場所も同じであることから、再発または根治していなかったのではという嫌なイメージが頭から離れません。

この先どうなるのか?ようやく見えかけたところでの発症に毎日戸惑うばかりです。

順調だった走り込みやウェイトトレーニングもまったく身が入らず、練習も休みがちになっていました。

しかし、昨日、23日振りにスローイングを再開しました。

たった5mの距離で24球が限界でしたが、まずは再開できたことに一歩前進といったところです。

ただ、今にも痛みが出そうな違和感が引き続き残っており、予断は許せません。

三沢さんもまさかの時のために出動態勢を取ってくれているので心強いですが、できれば出動せずに状態が回復してほしいという気持ちもあります。

我が「三流道」、いったいどうなるのか?

|

« Check it Out! | トップページ | Climb Up To The Top »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。