« Winners & Losers | トップページ | We ♥ SPORTS »

2011年12月21日 (水)

The Light and Shadow

Avi_000224991_400 先月収録に参加した関ジャニ8さんの新曲『もんじゃい・ビート』のプロモーションビデオがこの度リリースされました。

この収録では、野球選手役が必要ということで、Y'sアカデミーのモデル部門から現役バリバリのアカデミー生を引き連れて参加しましたが、結果的には一日中バックダンサーとして踊り明かすことになりました。

どんなに本気で野球をやろうが、この世界では無意味です。

スポットライトが当たらなければ、中身がだれであろうとユニフォームを着たらそれが野球選手です。実績や経験、情熱の大きさなどこれっぽっちも必要ありません。

この世界に必要なのは、スポットライトのまぶしさに負けない輝きを放つ人間のみです。

『三流道』の行く末に、どんな衣装を身につけても中身が俺なら野球選手だと、だれもが思う人間になりたいと思うだけでした。

野球もさることながら、エンターテイメントの世界には必ず“光”と“影”があります。

『影』という字を調べてみると、そこには「明・暗どうちらにも言う」と注釈が書かれています。

ぼくに今回与えられた役は“暗”、文字どおり日の当らない場所。当然ながら、それが今の力です。

ただ、影の中にも“明”があります。まぶしい程の光が差すからこそできる影、それをみんなは影法師と言います。

その影の大きさが、その人間の証です。大きければ大きいほど、その影は偉大な功績となります。

そう考えれば、今はただ、影に隠れることも悪くはない。どんな状況であっても、ユニフォームを着続けることに大きな意味があるんです。

関ジャニ8さんのニューアルバム『FIGHT』をぜひご覧ください!

|

« Winners & Losers | トップページ | We ♥ SPORTS »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。