« We ♥ SPORTS | トップページ | Happy New Year 2012 »

2011年12月29日 (木)

Y's Academy 2011 Completed

Cimg2127_400 最近、都内全域を駆け回る中で、信号待ちの電動自転車にあっという間に先を越されることがよくあります。

まるで自分の人生を表しているかのようだといつも思いながら、それでも絶対にギアを下げることはしません。

きっとこの踏ん張りが将来の糧になる、絶対にこの先で追いつけるときが来る、そう自分に言い聞かせ日々下半身強化のために自転車をこぎ続けています。

そんな中で、本日『Y's ACADEMY 2011』のすべてのレッスンを無事終了しました。

去年より本格的に始動したスポーツインストラクターの仕事も今年は延113本のレッスンを担当し、去年の22本にくらべ飛躍的に増加しました。

また、それにともない、指導方法や指導理念も確固たるものとなり、多くの子どもたちの技術力向上やスポーツに対する情熱の大きさを目の当たりにしてきました。

しかし、現役選手であることの誇りは決して忘れることはありません。

現在は、Y'sアカデミーの拡大にともないアルバイトをする必要がなくなり、一日のほぼすべてをトレーニングに費やしています。

かつては、スポンサー探しに奔走し、毎晩手紙を書くなどして企業にスポンサー契約のお願いをしてまわりましたが、やはり現実はそう甘くはありませんでした。

結局のところ、スポンサーの手が上がるのを指をくわえて待つだけであり、アルバイトに一日の大半を仕方なく費やすのがお決まりとなっていました。

しかし、現在は、これまで培った知識と経験をすべて提供し生活の基盤を築き、そこでの指導で得た子どもたちの大きなエネルギーを糧にさらなる知識と経験の習得を目指す『経験のリサイクルビジネス』を考案しました。

リタイアしてからその知識や経験を小出しにしてゆくのではなく、現役の段階で一端すべての知識や経験を提供し、その還元を得た子どもたちの新たなエネルギーを吸収してさらなる高みを目指す、どん底まで落ちたぼくだからこそできた方法です。

ただぼくの“夢”を買ってくださいというのでは都合が良すぎるし、黙ってでも企業が大金を積んでくれるほど大きな才能を持ち合わせてはいません。

確かに、突然仏様のような人間が現れることを信じて企業や個人にコンタクトを取り続けるのも大事なことですが、その確立は恐らくほとんどの選手が20代を最後に引退してゆくことに裏付けられていると思います。

30歳を節目に引退をしてゆく海外プレーヤーのかつてのシナリオはもうおしまいで、これぞアメリカを目指すY'sキッズたちのあるべき形であると手本を示す段階に来ています。

「こんなに子どもたちの元気や勇気をもらっているのだから、早くマウンドに戻りたい」、今はただそれだけがぼくの願いです。

|

« We ♥ SPORTS | トップページ | Happy New Year 2012 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。