« This Week's Topic | トップページ | Locked Up in The Cage »

2012年1月26日 (木)

The Wizard Again

Img_0710_400 またICHIROさんと再会することができた。

“イチ”流道と“三”流道が交わる奇跡にただただ感謝するしかない。

長いあいだ野球を続けてきてよかった、ユニフォームを着続けてきてよかったと心から思う。

ぼくにとってはもっとも高い目標であり、もっとも無縁の目標でもあるけれど、この瞬間を絶対に次につながる何かにしなければならない。

もうすぐリハビリ生活も3年に達するが、最近もうダメだと思う瞬間が後を絶たない。

遊びの野球の打ち損じを心から悔しがり、ジョークで出たヤジに目つきが変わる。

そんなICHIROさんを「大人げない」という人もいるが、ぼくには世界一の“勝負師”に見えた。

ひとたびバットを握れば、それがどんな状況であれボールを打つことにすべてをかける。

そして、打てたときの喜び、打てなかったときの悔しさ、そのすべてを惜しげもなくバッターボックスで表現する。

あの大舞台で見せるクールな表情の裏にこんなものがあったのかと驚きを隠せなかった。

そこにすべてをかける男の喜びや悲しみは尋常じゃない。

そこにすべてをかけているから、上手く行かなかったときの失望感が半端じゃないんだと少し楽になった気がした。

今のぼくに、もうダメだと思っている暇なんてあるわけがない。

|

« This Week's Topic | トップページ | Locked Up in The Cage »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。