« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月26日 (日)

NatuReact

Img_6733_400 野球道具などを提供する『㈱ナチュリアクト』社のカタログ撮影のため、さいたま市浦和区へ行ってきました。

近頃は、環境の変化や安全管理の見直し等々で、まともに野球ができる環境は急速に減少しています。

都内の公園を見ても、硬いボール禁止、バットの使用禁止といった注意書きがまっさきに目に飛び込んできます。

野球というのは、人数や道具、スペースの問題等々で制限が多く、サッカーのワールドカップのように世界中に広がらないスポーツだと未だに言われています。

そんな中で、校庭で野球をする子どもたちでも、河川敷で野球をする大人たちでも、安全かつ有効に練習できる環境を提供してくれるのがナチュリアクト社のコンセプトです。

これまで多くの選手やチームをサポートしてきましたが、今の環境に満足していると胸をはって言える人間はほとんどいませんでした。

先日のダルビッシュ投手の記者会見でも、「驚くべきことは何もないが、このような恵まれた環境で練習ができることは幸せだ」と言わしめたほど、日本における野球環境は厳しいものと言えます。

このようなビジネスが広く、そして気軽に利用できる日が来ることを野球人として心から願っています。

こちらのブログも合わせてご覧ください。http://ameblo.jp/natureact/

| | コメント (0)

2012年2月 8日 (水)

Locked Up in The Cage

Dsc09014_400 現在、急ピッチで痛めた右広背筋の回復に励んでいます。

遠投を始めてから約2ヵ月が経ち、毎日のように球数を積み重ねてきました。

その疲労が背中に集中し、あるとき下から物を持ち上げた際に痛烈な痛みとともにボールが投げられなくなりました。

先日トレーナーの三沢さんとも話し、ここで何らかの大きな決断をしていきたい旨の相談をしました。

このままグダグダと先の見えないリハビリを続けていく時間はないと自分自身は感じています。

とくに最近は、このままリハビリを続けていく希望を失いかけているところもあります。

最初は3ヵ月で復帰できるという話しだった。それが来月でまる3年を迎えてしまいます。

あのとき止まった時計は未だ動く気配すらなく、復帰に備えて新調したグローブはすでに色あせ古ぼけて見えます。

「まずは背筋の張りを取り除いてほしい。話はそれからだ」と三沢さんからは冷静な指摘を受け、今やるべきことを与えられました。

とにかく信じて、自分を信じて、未来を信じて、歩みを止めたらすべてが終わる。

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »