2008年4月12日 (土)

Teriyaki

Dscn9100 昨日から、こちらは気温が一段と上がり、すっかり夏の陽気になってきました。

明日もまた良い天気になるよう期待して、今日はトライアウト会場の下見をしてきました。

明日の会場は、サンタクララという街にあるSanta Clara University(SCU)です。

サンタクララの野球部は、NCAAのDivision1という全米でもっともレベルの高いランクに所属している名門校です。日本で言うところの東京六大学みたいなものです。

ですから、とてもきれいな芝生に観客席やチケットブースまであり、そこらへんのマイナーチームよりも遥かに立派な球場をホームグラウンドにしていました。

優秀な選手が高校を卒業してすぐにプロ入りせず、大学へ通う理由がすごく良く分かります。最近のマイナーリーグ離れの一番の原因がこういうところにあります。

明日に備えて、今日はランニングやストレッチで体をほぐし、キャッチボール相手がいないのでシャドウピッチングをして明日の準備を終えました。

野球道具も磨き、ユニフォームの洗濯も終え、準備は万端です。

明日もまた初日のテストをクリアできるよう全力投球で頑張りたいと思います。

それから、今日は球場の下見ついでに、毎回恒例のモールめぐりをしてきました。

モールに行くと、最近の流行や街の特徴が一目でわかり、アメリカの文化を学ぶ上ではとても役に立ちます。単純に買い物が好きなだけでもあります。

今日は、サンノゼ周辺で有名なWest Field Shopping CenterやGilroy Premium Outlet、Great Mallなどを回りましたが、どれも今までに行ったどこよりも大きなモールでした。

大概、アメリカのモールは両端をデパートが挟みその建物をつなぐ横長の造りになっているのですが、今日行ったところは両端どころか四方をデパートが囲み、スポーツオーソリティが中に入っちゃってました。

オーソリティが入っちゃうってありえなくないですか?正直びっくりしました。

ぼくの最近の流行は、Teriyaki Chicken&Shrimpです。一昨年ぐらいから全米をいろいろ渡り歩く中で、大概どこのフードコートにも日本食屋さんがあることに気づきました。

今滞在しているモーテルの向かい側にも日本食屋さんが入ったフードコートがあるので、3回続けて行ってしまっています。

大都会で暮らす皆さんや裕福なみなさんなら、アメリカでも寿司や天ぷら、霜降り和牛などを食べることができますが、ぼくたち庶民が口にする和食は完全になんちゃってです。

どこへ言ってもなぜか鉄板焼きで、名前はなぜか“HIBACHI”が多いです。今回のところも“HIBACHI-SAN”です。直訳すれば“Mr,Japanese BBQ”ですから微妙な感じです。

作り方は簡単で、白米かチャーハンを選び、サイドの具材を決めたら、あとは鉄板で肉と野菜をテリヤキソースで炒めご飯の上に放り投げて終了です。

そこに、ぼくはテリヤキソースをさらにかけてもらい汁だくにするのがお気に入りです。

もう少し日本食について教えてあげたいものですが、なぜかめちゃくちゃおいしいので不甲斐にも満足して帰ってしまいます。

どこのフードコートでもいつも日本食屋さんだけ行列ができていますので、やはり日本食は世界一のお料理ですね!日本の誇りです。

| | コメント (1)